体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大相撲、あるいは北の湖理事長の、孤立無援について(king-biscuit WORKS)

大相撲、あるいは北の湖理事長の、孤立無援について(king-biscuit WORKS)

今回はking-biscuitさんのブログ『king-biscuit WORKS』からご寄稿いただきました。
※この記事は2008年2月19日に書かれたものです。

大相撲、あるいは北の湖理事長の、孤立無援について(king-biscuit WORKS)

大相撲はショーだ。だからきびしいしごきによって、あらゆる技能を身につけ、危険を克服してから、それを見せるものにしているんだ。その見せる相撲をまねるから、あぶないものになるんだ。

いま、相撲は気の毒である。

あらゆる意味で損な役回りに追い込まれている。申し訳ないが、まるで今のこのニッポン、われらが「戦後」のなれの果ての現在のいちばん情けない部分、ダメなところをまるごと体現してしまっているかのようなていたらく。同情を禁じ得ない。

それは相撲そのもののせい、というわけでも、おそらくない。相撲好きというわけでもないあたしの眼から見ても、ああ、これはある意味時代の必然、世の中がうつろい行く中でたまたま、ほんとに何かのはずみでそういう役回り、運命の中に巻き込まれてしまった立場の不幸。そんな立ち往生にも似た戸惑いを抱えて、しかしそれでもおのが身のさばきすらもはやままならない不自由。もうただ、気の毒、としか言いようがないのだ。

土俵で目立つのは外国人力士ばかり、というのはいまさら改めて言うまでもない。それでも「品格」の欠如と素行の悪さばかりが話題になる横綱朝青龍に頼らなければ、客が呼べない。ひと頃の若貴ブームも今は昔、このところ人気はずっと長期低落傾向、国技館の入場人員始め、まず興行としての成績自体、どうにも芳しくない。聞けば、日本人の新弟子すらいなくなりかねない由。かてて加えて、週刊誌以下、いまどきのマスコミの「八百長」攻撃が長らく下地をこさえてきていたところに、今度は、ああ、なんと時津風部屋で若い力士が親方や兄弟子たちから金属バットやビール瓶で殴られた末に急死という、正真正銘の刑事事件まで発覚。親方以下、逮捕者を出す始末。なんだ、昔ながらの「しごき」「かわいがり」での事故じゃないか、ですませてもらえないのがいまどきのニッポン。事実、昔とは違う何ものか、がそこには介在しているはずなのだが、しかし、相撲の現場にそれを自ら解きほどくだけの器量もなく、何かもう、お祓いでもした方がいいのでは、と言いたくなるような八方ふさがり、全方位暗剣殺状態ではある。

その四面楚歌まっただ中の文科省管轄公益法人、日本相撲協会を率いているのが、北の湖敏満理事長。言わずと知れた大鵬、千代の富士と並ぶ「戦後の大横綱」、「花のニッパチ」と称された昭和五〇年代の相撲ブームの立役者のひとりである。ここ一年あまり、あの朝青龍の不行跡のたびにメディアに顔をさらすことになり、現役時代以来、あの持ち前の仏頂面と無愛想ぶりからいまどきの世間の反感を買い、さらに今回の時津風部屋の事件では対応のまずさや発言の不用意さまでがさらに浮き彫りになり、いまや理事長としての資質まで問われ、相撲凋落ののようにさえなっている。

にも関わらず、今月初めに行われた協会の役員改選では理事長として再選。特に対抗馬などが出たという話も聞こえなかったから、相撲界としても今の北の湖体制に代わる選択肢は提示できないということらしい。しかし、すでに世間の眼はいまや相撲そのものが時代と絶望的にずれてしまっていることの象徴として、メディアを介した北の湖理事長一連の発言から一挙手一投足までを、見るようになってしまっている。

そこに共有されている気分、ああ、こりゃもうどうしようもないなあ、という感覚は、おそらく今の政治家や官僚に対して抱かれるものとも、どこかで通じている。少し前まではそれでもまだうまく機能していたらしいもの、わざわざそこまで違和感を抱かなくても、まあ、そういうものらしい、くらいでやりすごせていたようなものが、もはやかくも煮詰まりきって、自前ではもう再び活力あるものにできなくなっているらしい、という認識。かつては優美な身のこなしを見せ、事実こちらもそれなりの敬意や信頼も抱いていたしなやかな大型動物が、老いなのか寿命なのか、とにかく見苦しくのたうちまわって衰えてゆくさまを眼前でじっと眺めているしかないような、そんなやりきれなさ。

「戦後」と言い、あるいはいまどきの若い衆ならば「昭和」と粗っぽくひとくくりにしてしまうのだろう、そんな「少し前までのあたりまえ」の中に安住していたさまざまな“もの”や“こと”、それらがそれぞれの運命の中、いろいろな形の気の毒を体現し始めている。相撲もまたそんな現在の中に、なすすべもなくたたずんで、かつてのような同情も共感も寄せなくなった世間の視線にいいように蹂躙されている、それがいまのニッポンの相撲、らしいのだ。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。