ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

アップル 新『Mac Book Air』11&13インチを発表 『Lion』搭載8万円台から

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

MacBook Air

アップルは7月20日、新OS『Mac OS X Lion』のダウンロード販売開始とともに、ノートパソコン『MacBook Air』11インチと13インチの新モデルを発売しました。次世代プロセッサ、高速I/Oインターフェイステクノロジー『Thunderbolt』、そして『Mac OS X Lion』を搭載し、前世代に比べて2倍の性能を実現。価格は8万4800円から、7月21日からは店頭販売を開始します。

「持ち歩きやすく、リーズナブルでパワフル。『Mac Book Air』は毎日使うのに最高のノートパソコン」とアップルは発表しています。11インチと13インチの2サイズをラインナップし、それぞれにストレージ容量の異なる2タイプを用意。いずれも薄さは0.3~1.7cm、重さは11インチが1.08kg、13インチは1.35kgと相変わらずきわめてコンパクトな仕上がりです。

MacBook Air Closed

プロセッサには、次世代プロセッサ『Intel Core i5/i7』を搭載。最大1.8GHzのスピードを発揮しメモリーも高速化したことにより、新『Mac Book Air』は前世代に比べて処理性能が約2.5倍に向上。また、グラフィックスには『Intel HD Graphics 3000』を搭載し、ビデオ再生や『FaceTime』でのビデオ通話もよりスムーズに行えます。

高速I/Oインターフェイステクノロジー『Thunderbolt』は、FireWire800の最大12倍、USB2.0の最大20倍の転送速度を実現。『Thunderbolt』で『Apple Thunderbolt Display』を接続すれば、ケーブル1本でデュアルディスプレイと『MacBook Air』の充電を行えます。デスクトップワークステーションとモバイルを、ケーブル1本の取り外しでシンプルにできるのは魅力的ですね。

MacBooke Air

ストレージにはHDDを搭載せず、すべてSSDを採用。『iPhone』や『iPad』のようにスピーディな起動とレスポンスの速さを実現しました。また、SDDを採用することで、スタンバイ時間は最大30日間と驚異的に長くなっています。キーボードにはバックライトがついており、内蔵する環境光センサーが周囲の明るさの変化に応じて、ディスプレーとキーボードの明るさを自動的に調節。日差しの明るい窓辺でも、深夜の暗い機内でもほどよい明るさで作業できます。

『OS X Lion』に組み込まれたマルチタッチジェスチャーで、『マルチタッチトラックパッド』の操作もスムーズ。スワイプやピンチで、ディスプレーに映るコンテンツに指先で触れているような感覚を楽しめます。この値段でこれだけのスペックが手に入るなら、夏のボーナスで買ってしまう人が増えそうな予感。販売は、『Apple Online Store』か店頭で行いますが、各種オプションは『Apple Online Store』で受け付けています。
 
11インチ
プロセッサ:1.6GBデュアルコアIntel Core i5、3MB共有三次キャッシュ(128GBモデルは1.8GHz Intel Core i7、4MB共有三次キャッシュに変更可能)
メモリー:64GBタイプ/2GB(4GBに変更可能)、128GBタイプ/4GB 1,333MHz DDR3オンボードメモリ
グラフィックス:Intel HD Graphics 3000プロセッサ
バッテリー:ワイヤレスで最大5時間、スタンバイ最大30日間
価格:64GB/8万4800円、128GB/10万2800円

13インチ
プロセッサ:1.7GHzデュアルコアIntel Core i5、3MB共有三次キャッシュ(128GBモデルはデュアルコア1.8GHz Intel Core i7、4MB共有三次キャッシュに変更可能)
メモリー:4GB、1,333MHz DDR3オンボードメモリ
グラフィックス:Intel HD Graphics 3000プロセッサ
バッテリー:ワイヤレスで最大7時間、スタンバイ最大30日間
価格:128GB/11万800円、256GB/13万8800円
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。