ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新語・流行語大賞の選考への不満が『現代用語の基礎知識2016』に飛び火!? 『Amazon』レビュー炎上中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

年間大賞に「トリプルスリー」と「爆買い」、トップテンに「アベ政治を許さない」や「SEALDs」などが選ばれた今年2015年のユーキャン新語・流行語大賞。

その選考に関して異論が続出、週刊文春も
選択肢に「パ○ツ大臣」も 週刊文春が「あなたが選ぶ『流行語2015』は何ですか」緊急アンケート開始!
http://getnews.jp/archives/1292040[リンク]
と、アンケートを実施するなど今年は特に評判が悪いようである。

この流行語大賞、「“現代用語の基礎知識”選」ということなのだが、その自由国民社『現代用語の基礎知識2016』のアマゾンレビューにも現在かなり批判が集まってるようである。

12月15日の時点で31のカスタマーレビューが寄せられており、

星5つ 7
星4つ 1
星3つ 1
星2つ 0
星1つ 22

で平均2.1となっている。

2015が3.6、2014が2.8、2013が4.4、2012は4.6、2011は4.6であるのでかなり低いという感じだ。2014の評価も比較的低いが、そちらの星1つのレビュータイトルは「偏った考えから書かれている」「ここまでくるとただの思想押し付け本」といったものが。

そして、2016の星5つのレビューは7つあるが、いずれも「このレビューは参考になりましたか?」で「いいえ」と投票するユーザーが多数。

星1つのレビューのタイトルには
「現代用語でもなんでもない」
「『流行語大賞』の選考内容から本書に対する信頼感が失せた」
「買う価値なし」
「客観的事実と乖離した悪書」
「政治的に偏向された内容です」
「あまりにも偏った選定」
「パヨク(笑)」
「現代左翼用語の基礎知識」
「左翼国民社」
「バイアスのかかった基礎知識」

といった感じのものがズラっと並んでいる。そして、「このレビューは参考になりましたか?」の投票で「はい」に投票するユーザーがかなり多いようである。

※画像は『Amazon』のサイトより引用(一部加工)

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP