ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「マクドナルドのある角を右に曲がって」 建物を目印にしてナビするアプリ「Walc」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初めて訪れる街でも、スマホを持っていると心強い。居場所をマップで確認できるし、目的地を入力すれば道順も案内してくれる。

だが、そもそも地図を読むのが苦手、という人もいるのではないか。そんな人のための街歩き用ナビアプリ「Walc」を紹介しよう。

・“指差し案内”的

グーグルマップに代表される地図アプリでは、道順を案内するのに「A通りを北に100メートル進む」などと表示される。

しかしWalcでは、通りすがりの人が周りにある建物などを指差しながら案内するように道順を教えてくれる。

・目の前の情景で確認

具体的には、「この通りをまっすぐ行って、マクドナルドがある角を右に曲がる」「公園を過ぎて1本目の道を左に曲がる」と行った具合だ。

ユーザーは、目の前にある情景で確認できるので、頭で方角や距離を考えなくても行動に移しやすい。

・音声だけで目的地に

しかも、このアプリ、最近アップデートし「ポケットモード」を加えた。これを使えば、ユーザーはスマホの画面を見なくてもイヤホンを介して音声だけでナビを受けられる。

ただ、残念ながらこのアプリ、現状では英語のみの対応。ナビとしては、建物名やお店の名前が聞き取れれば役立つので、既存のナビアプリではわかりにくい、という人はトライしてみる価値はあるかもしれない。

Walc

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP