ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイ・ベスト・ディスク 2015 (邦楽編)- 『Dialogue』(Ropes)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ropes

2015年、最も聴いたのは『Dialogue』です。Ropesは、独特の世界観を声によってつくりあげるボーカルのアチコと、ART-SCHOOLのギターである戸高賢史(通称トディ)の2人が組んだユニットになります。

Ropes / dialogue – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ZpJHs3sKAVw

元は、ART-SCHOOLとdownyが結合したバンドのKARENでアチコがボーカルをつとめていて、その延長線上にあるような感じです。ただ、音はKARENとはまったく違う音を奏でています。

アチコの声には引きずり込まれるような魅力があり、それを戸高氏がピアノ・アレンジに近いギターのフレーズで包み込んでいるのが特徴ですね。活動としてはマイペースを貫いています。個人的には4ADなどの海外レーベルと契約して欲しいと密かな期待があるのですが、おそらく、2人の考えるゆったりとした流れに任せる活動していくのでしょう。

聴いていて、いちばん心地よい時間帯は朝です。それも夜から朝に変わっていく、わずかな間が、たまらなく身体に染みます。新しい一日が始まったという安心感です。

『Dialogue』(Ropes)の音場が絡み合って、小さな幸福を味わえます。背伸びした気合いではありません。ナチュラルな自分にリセットされていきます。小箱に入ったオルゴールを、そっと開くような気分になれる……そんな愛おしいアルバムです。だから、早朝に聴きたくなるのでしょう。そんなアルバムです。

※画像は『Ropes』公式サイト、ニュースより http://weareropes.com/news [リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: yosh.ash) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。