ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビジネスにも使える!? 最大180インチを投影し、たった150グラムのプロジェクター「sProjector」がパワフル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プレゼンテーション、会議といったビジネスシーンやホームシアターなどで使われるプロジェクターは近年、小型化と高性能化が目覚ましい。

今回紹介する「sProjector」も、スマホほどの大きさでありながら、180インチまで映し出せ、しかも4Kにも対応する最強のプロジェクターだ。

・サイズはスマホ大

小型化が進んでいるといっても、軽量化は難しいらしく、小さめのものでも500グラム程度あるのがざら。

そこへくると、sProjectorはわずか150グラム。サイズは7×13×1.5センチと大きめのスマホほどで、一見プロジェクターというより小型モバイルバッテリーのようだ。

・明るく静か

しかも売りはコンパクトさだけではない。まず挙げられるのが1000ルーメンという明るさ。似たようなタイプのものの多くが50〜100ルーメンであることを考えればかなり明るめ。

そして内蔵ライトの寿命は1万5000時間、バッテリーは1回のフル充電で5時間もつ。

加えて、プロジェクターに付き物のファンがないので、静かなのも特筆すべきだろう。投影中に音響を邪魔することがなく、聞き取りやすくなる。

・190ドル、来年1月にも発送

“小粒”ながらかなり使えそうなこのプロジェクター、気になるお値段はというと、クラウドファンディングサイトIndiegogoで現在190ドルとなっている(送料別途)。

すでに目標額を達成しているので商品化はほぼ確実となり、テストドライブを経て来年1月にも発送が始まる見込み。

これだけ軽量でコンパクトだと、パーティー会場などに持ち込んでサクッと映像を流したり、友達を自宅に呼んでシアター的に映画鑑賞したりと使い道はいろいろとありそうだ。

sProjector/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP