体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その5【実業・学術編】

大賀一郎

今年も全5回にわたってお送りして来たこの短期集中連載も今回が最終回となりました。第1回でも既に述べているように、現在の政治状況から見て来年のこの時期にはこの連載を企画すること自体が不可能になっている可能性が非常に高いので、恐らく今回が名実共に最終回となるはずです。

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その1【文学・前編】
http://getnews.jp/archives/1281242 [リンク]

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その2【文学・後編】
http://getnews.jp/archives/1282693 [リンク]

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その3【美術編】
http://getnews.jp/archives/1286715 [リンク]

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その4【音楽編】
http://getnews.jp/archives/1289996 [リンク]

ただ、ネットを中心に広まっている誤解について一点だけ指摘するならば「来年から最低でも20年にわたり日本から“著作権保護期間満了”と言う概念が一切存在しなくなる」と言うことは無いはずです。何故なら、これから9年後の2024年(平成36年)には2003年(平成15年)に他分野を先取りする形で延長された映画著作物の保護期間満了が再開される予定であり、現状でも1899年(明治32年)から1970年(昭和45年)まで施行されていた旧著作権法の下で企画・監督など中心的役割を担った個人に著作権が帰属する映画著作物はその個人の「没後38年」の方が「公表後70年」よりも長ければ前者の方が適用されるため、散発的に保護期間満了が訪れているからです。それに、日本が現在採っている相互主義を米国やメキシコと同じように放棄しない限り来年以降に批准されるであろう各種の協定と関係しない国や地域の著作物、例えば香港映画などの保護期間満了は従来通り訪れるとみられます。

これらは飽くまでも「見通し」であって必ずそうなると言うことを保証するものではありませんし、その時になったらまた国内外の法律や条約が変わっていると言うことも当然に有り得ます。まずは3年後の2018年(平成30年)に、米国で「1923年没の個人がその年に公表した遺作」と言う非常に狭い範囲ながらも保護期間満了が再開されるか否かが日本を含めた全世界の知的財産政策の動向を占う大きな試金石となるでしょう。

百年に 一年たらぬ つくも髪 我を恋ふらし 面影に見ゆ
                      (伊勢物語・63段)

米川正夫(ロシア文学者、1891-1965)

1891年(明治24年)、岡山県上房郡高梁町(現在の高梁市)に生まれる。東京外国語学校を首席で卒業し、ロシア語通訳や三菱本社長崎支店勤務などを経て北海道の旭川第七師団でロシア語教官となる。この時期にドストエフスキー『白痴』を翻訳し、新潮文庫から刊行するが同文庫の一時休刊により4巻で中断した。

1917年(大正6年)、大蔵省のペトログラード(現在のサンクト・ペテルブルク)駐在員を務めていた際に現地でロシア革命に遭遇する。内戦激化のため日本へ帰国し、領事館通訳や陸軍大学校教官を務めた。1927年(昭和2年)にソビエト連邦政府から招待を受け、モスクワを訪問。1929年(昭和4年)から1931年(昭和6年)にかけて中村白葉と共同で『トルストイ全集』全22巻を刊行。1935年(昭和10年)には『カラマーゾフの兄弟』などドストエフスキーの主要作品をほぼ訳し終えるが、1941年(昭和16年)に内務省検閲課からソビエト連邦のスパイではないかと嫌疑を懸けられたことが発端となり陸軍大学校を依願退職する。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。