体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その4【音楽編】

山田耕筰

前3回に引き続き、今月末で著作権保護期間が満了する音楽の分野に足跡を残した先人たちを紹介します。

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その1【文学・前編】
http://getnews.jp/archives/1281242 [リンク]

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その2【文学・後編】
http://getnews.jp/archives/1282693 [リンク]

今月末で著作権保護期間が満了する先人たち‥2015・その3【美術編】
http://getnews.jp/archives/1286715 [リンク]

今回紹介する人物の作品は、歌詞が無い楽曲もしくは作詞者も著作権の保護期間を満了している歌曲であればカナダのペトルッチ楽譜ライブラリー(http://imslp.org/ [リンク])で来年1月1日から公開が可能になります。

なお、昨年まではサンフランシスコ講和条約における戦時加算の対象とならない海外の作曲家の一部作品についても紹介していましたが、今年は戦時加算の将来的な扱いが不透明なこと、特に欧州連合(EU)との経済連携協定(日欧EPA)でイギリス、フランス、オランダ、ベルギー、ギリシャの5か国に対して遡及適用を要求される可能性があるため紹介を見送ります。

山田耕筰(1886-1965、代表作『かちどきと平和』『からたちの花』『待ちぼうけ』)

1886年(明治19年)、東京市本郷区(現在の東京都文京区)に生まれる。10歳でキリスト教伝道者の父を亡くし、義兄(姉の夫)のエドワード・ガントレットから音楽の指導を受ける。関西学院を中退後、東京音楽学校(東京藝術大学音楽学部の前身)予科へ入学し1908年(明治41年)に本科を卒業、引き続き研究科でチェロを学んだ。

1910年(明治43年)、三菱財閥総帥の岩崎小弥太男爵から援助を受けてドイツのベルリン音楽学校に留学し、在学中の1912年(大正元年)に日本人として最初の交響曲『かちどきと平和』を作曲する。帰国後の1914年(大正3年)、岩崎が結成した東京フィルハーモニー会管弦楽部の主席指揮者に任命されるが、山田自身に降りかかったスキャンダル報道が岩崎の不興を買って絶縁を通告され、管弦楽部は解散してしまった。

1917年(大正6年)に渡米し、1年半の滞在中にカーネギーホールでコンサートを開催する。帰国後の1921年(大正10年)に文化学院音楽科主任となり、1924年(大正13年)に近衛秀麿と合同で日本交響楽協会を発足させるが経理の不透明さを指摘されたことに端を発して内紛状態に陥り、多額の借金を抱え込んでしまう。1926年(大正15年)、東京を離れ神奈川県高座郡茅ヶ崎町(現在の茅ヶ崎市)に新居を構える。1927年(昭和2年)に北原白秋の作詞で『からたちの花』を発表して以降、北原や三木露風と組んで『待ちぼうけ』『砂山』『赤とんぼ』『野薔薇』などの現在もなお音楽の教科書に掲載されている歌曲や童謡を多数作曲した。

1936年(昭和11年)、フランス政府からレジオン・ド=ヌール勲章を授与される。日中戦争が激化する中で1940年(昭和15年)に演奏家協会を発足させ、自ら会長に就任するが同会は1942年(昭和17年)に政府外郭団体の日本音楽文化協会へ統合され、副会長として「音楽挺身隊」を組織した。同協会の設立目的は戦意高揚のプロパガンダであり、山田自身もこの時期に『翼の凱歌』『米英撃滅の歌』『アッツ島血戦勇士顕彰国民歌』など100曲以上の軍歌を作曲している。日本音楽文化協会の会長となった1944年(昭和19年)には『音楽文化』掲載の「敵米国の音楽観と我等の進撃」と題する論文で敵性文化とされていたジャズを「最も低い音楽」「悪魔の音楽」と罵倒し、アメリカ人は「人間ではなく悪鬼そのものなのである」と締めくくっているが、この時期の排外主義的な文章の多くは2001年(平成13年)に岩波書店から刊行された『山田耕筰全集』への収録が見送られた。戦後は一転して進駐軍の楽団と日本側代表の立場で文化交流に当たったことから、日本音楽文化協会で理事を務めていた音楽評論家の山根銀二から東京新聞で「資格なき仲介者」と題して変節ぶりを非難される。これに対して山田の側も同紙で「山根は理事の立場で積極的に協会の活動に関与していたではないか」と反論し、論争はこれと言った結論をみずに終息した。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy