体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヨーグルト作りの神アイテム!『ヨーグルティア』で自家製ヨーグルトを作ってみた

yog-16_R

さりげなく『カスピ海ヨーグルト』にハマった筆者ですが、いよいよ気温も下がって来たので、室温ではヨーグルトが作れなくなって来ました。

というわけで、今回はヨーグルトメーカーとして評価の高い『ヨーグルティア』を紹介してみましょう。

ヨーグルトメーカーとはなんぞや?

その名の通り、ヨーグルトを作る為の何かです。

ヨーグルトも種類によっては、夏場であれば気温が高いのでヨーグルトメーカーを使わなくても作れるのですが、気温が下がってくるとヨーグルトの菌が増えにくくなります。

そこで保温容器のようなモノで温めながら保温し、ヨーグルトの菌が増えやすい環境を整えてやるのです。

ヨーグルトメーカーの最高峰『ヨーグルティア』

yog-1_R

数あるヨーグルトメーカーの中でも、一番使いやすいと言われているのが、この『TANICA』から発売されている『ヨーグルティア』です。『ヨーグルティア』の一番の特徴は温度設定の幅が広く、

「25~65度まで温度調整が可能!」

となっております。なのでヨーグルトだけではなく、天然酵母の発酵や納豆作りなどにも使えるのです。

『ヨーグルティア』を通販でGET!!

yog-2_R

すでにヨーグルトなしでは生活出来ない体質になってしまった筆者にとって、六千円チョイで買える『ヨーグルティア』を買わない手はありません。

中身はこんな感じで、割とシンプルな構成ながらも”ヨーグルト保存容器”が2個付いているのが嬉しかったりします。

『ギリシャヨーグルト』を作ってみた

yog-4_R

というわけで、『ヨーグルティア』を手に入れた筆者は、早速ヨーグルト作りをする為に、タネとなる菌を求めてスーパーに行ってみました。

すると、どうでしょう?

『ギリシャヨーグルト』

みたいな、ちょっとセレブなヨーグルトが売っているではありませんか!

値段も400円チョイとゴージャスですが、どうせ『ヨーグルティア』で量産出来るので問題なしです。

むしろ、同じ牛乳を使うのなら、高級なヨーグルトのタネ(菌)を使った方が得な予感です。

しかも賞味期限が近いので30%値引きされた価格で買えました。

yog-7_R

というわけで、せっかくなので牛乳も普段よりもセレブな奴を試してみましょう。

無論、値引きしてある奴を選ぶのは言うまでもありませんが、今回は材料を厳選しまくった自信があります。

まずは熱湯で消毒せよ!

yog-3_R

とりあえずヨーグルトの保存容器を洗い、その後は熱湯を注いで殺菌します。筆者は面倒なので少量の湯を入れてから電子レンジで1分加熱しました。

その後でヨーグルトを取り出したり、混ぜたりする時に使うスプーンも熱湯で消毒します。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。