体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松本復興相が宮城県知事を叱責しマスコミには「書いたらもう、その社は終わりだから」発言まとめ

(トップ画像は松本氏オフィシャルサイトより。アクセスが集中し、画像の読み込みエラーが出ているようです)

松本龍復興相が昨日復興相となって初めて宮城県を訪れ、村井知事と会談しました。しかし大臣が来庁した際、知事の出迎えがなかったことに対して立腹し知事からの握手の求めに応じなかった上に知事を叱責しました。そして取材に集まった報道陣に対して叱責の件を記事にしないように求め「書いたらもう、その社は終わり」などと述べました。しかしながら東北放送をはじめとして、NHK、朝日新聞、時事通信社などはこのことを報じており、ネットでも話題となっています。松本氏は先月末の内閣改造で新設された復興担当相に就任しました。6月27日に環境相を退任し、復興相と防災担当相を兼任しています。6月28日には復興相就任会見で「3月11日以来、私は民主も自民も公明も嫌いだ」と発言、批判を受け謝罪をおこなったばかりです。

松本龍氏略歴(福岡県第1区選出衆議院議員)

福岡県第1区選出、衆議院議員当選7回。1951年5月17日生(60歳)、福岡県出身。中央大学法学部卒(政治学士)。実家は養祖父の代からのゼネコン・松本組。1990年の第39回衆議院議員総選挙に日本社会党から出馬して初当選。2008年度の国会議員の所得公開でトップの8億4366万円。尚、2009年度は8616万円、2010年度は7143万円。人権問題がライフワーク。

以下は、その問題の発言の動画です。

(※配信先で記事をお読みになっている場合動画や関連リンクなどはこちらのページからご覧ください)


■松本龍復興相が知事を叱責(東北放送)

■動画の内容と発言テキストおこし

――村井知事が出迎えなかったことに腹を立て、知事を叱責しました。
松本復興相が宮城県庁を訪れるが自分より先に村井知事が入室していないことに腹を立てる
松本復興相:「(村井知事が)先にいるのが筋だよな」
――数分後、村井知事が笑顔で現れ握手を求めるとこれを拒否。応接室に緊張が走る。知事より要望書を受け取った松本復興相は自説を開陳。
松本復興相:「(水産特区は)県でコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々は何もしないぞ。ちゃんとやれ」
松本復興相:「今、後から自分入って来たけど、お客さんが来るときは自分が入ってからお客さんを呼べ。いいか。長幼の序がわかってる自衛隊ならそんなことやるぞ。わかった?」
村井知事:「はい」
松本復興相:「はい、しっかりやれよ。」
松本復興相:「今の最後の言葉はオフレコです。みなさん、いいですか。(取材に来たマスコミに対して)書いたらもう、その社は終わりだから。」

その他各社の松本復興相東北入りに関する報道

時事ドットコム:「知恵出さないと助けない」=松本復興相、岩手、宮城で発言

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2011070400008
達増拓也岩手県知事に対して
「(国は)知恵を出したところは助け、知恵を出さないところは助けない、そのくらいの気持ちを持って」
「九州の人間だから東北の何市がどこの県か分からん」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。