ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【パリテロ事件】Amazon日本公式サイトがフランスに「哀悼の意と励ましの言葉」を捧げる / solidarite

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランス・パリで発生した同時多発テロ事件で、世界中がパリに注目し、被害者たちに哀悼の意を捧げている。そんななか、大手インターネット通販サイトAmazonはトップページに「solidarité」という文字とフランス国旗を掲載し、「哀悼の意と励ましの言葉」を送っている。

「solidarité」は「団結」「連帯」などの意味を持つ言葉で、フランス国民に対し「大丈夫、あなたは決して一人ではない」という意思を示したものと思われる。そしてテロに対して強く抗議し、戦う姿勢を見せたのである。

日本だけでなく、全世界のAmazon公式サイトにフランス国旗と「solidarité」が掲載されており、買い物をしようとサイトに入った人は、ほぼすべて、この画面を見ることになる。団結という意味では、なかなか効果的な手法といえよう。

卑劣なテロには絶対に屈しないという企業の意志を伝えつつ、悲しむ人たちの心の支えになる意思表示をしたAmazon。パリの混乱が落ち着き、早期のテロリスト撲滅が望まれる。

https://youtu.be/eCnMnGKhm68

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/11/14/amazon-solidarite/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP