体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西岡参議院議長、語る(4) 「同級生300人に年賀状を書いていた」

政治・経済・社会
参議院議長の西岡武夫氏

 参議院議長西岡武夫氏は2011年6月14日、ニコニコ生放送とUstreamで放送された「山本一太の直滑降ストリーム」に出演し、自身が1年生議員だったときの思い出を語った。西岡氏は、東京オリンピックの前後、日本が水不足に陥った際「だいたいこんな事態になったのは、野党の皆さんも悪い」と発言し、先輩議員から大目玉を食ったという。

 また、子供の頃から政治家を目指していた西岡氏は、小学5年生のときから当選するまで、同級生300人全員に年賀状と暑中見舞いを書いていたと語った。

 以下、山本氏と西岡議長の番組でのやりとりを全文、書き起こして紹介する。

■「小学生の同級生300人全員に年賀状を書いていた」

山本一太参議院議員(以下、山本): 一貫しているということについて。私からみると(小沢一郎氏より)一貫しているのは、まさに西岡議長。ずっとこれまでの政治活動の軌跡を読ませていただいたが、一貫して保守を貫いてこられた。西岡議長がそう仰るので、それは小沢さんの存在感はすごくあるのかも知れないが、私からみると、政策は結構右にいったり左にいったりしてる感じがしないでもない。覚悟という意味でいうと、やはり我々の世代ではもしかすると敵わないものを持っているのかも知れない。

 少し柔らかい話をさせていただきたい。西岡議長の(項目がある)ネット上の百科辞典ウィキペディアを見ていたら、若い頃のエピソードがあって、そこには小学校時代から西岡議長は政治家を目指していたと。だから小学校の同級生には全員、年賀状と暑中見舞いを書き続けていると。これは事実か。

西岡武夫参議院議長(以下、西岡): 当選してからは出せなくなった。当選するまではずっと書いていた。

山本: 小学生の時からずっとか。

西岡: はい。(小学校)5年生の時から。

山本: だけど1学年というと何百人もいるが。

西岡: 300人かな。

山本: 300人にずっと小学校5年生ぐらいから。議長が書いていたのは政治家として、とにかくどこで応援してもらえるかわからないと思っていたからか。

西岡: まぁそれだけでもないが。

山本: 私もさすがに筆まめじゃないので、それを見て大変感動した。小学校5年生のころから300通も、暑中見舞いも年賀状も出したりしてたのか。

西岡: 夏に年賀状を書くわけだ。

山本: 夏に年賀状を書くと。

西岡: で、冬に暑中見舞いを書く。

山本: ああ、なるほど。

西岡: 冬休みに(暑中見舞いを)。夏休みに年賀状を書いて。だって、いちいち書いて…今みたいに便利な物がないから。コンピューターでバッと(いうわけにはいかない)。

山本: 当時はやっぱり全部手書きだったと。

1 2 3 4 5 6次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会