体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年のおもちゃショーの見どころは? 『日本おもちゃ大賞2011』が発表される

今年のおもちゃショーの見どころは? 『日本おもちゃ大賞2011』が発表される

6月16日から19日にかけて東京国際展示場(ビッグサイト)で開催される『東京おもちゃショー2011』に先がけて、『日本おもちゃ大賞2011』が発表されました。『東京おもちゃショー2011』の記者発表と授賞式が行われ、今年の『おもちゃショー』の見どころも併せて紹介されています。

※記事のすべての写真が表示されない場合はこちらからご覧ください

『日本おもちゃ大賞』は2008年から毎年、発売済みもしくはその年の9月までに発売されるおもちゃから、良質な製品を選出している賞。今年は全308点の応募から7部門について大賞が発表されました。

タカラトミーの『トミカプリスクール ゆびコン シリーズ』

障がいの有無にかかわらず子どもが一緒に遊べることに配慮した共遊玩具部門では、タカラトミーの『トミカプリスクール ゆびコン シリーズ』が大賞を受賞しました。スマートフォン風のタッチパネル操作ができるリモコンが付属し、車の場所や動きを音声で伝えるので、目が不自由な子どもも一緒に楽しめるおもちゃ。6月16日に発売を予定しています。

共遊玩具部門の優秀賞

同部門ではこのほかにイワヤの『こっちをむいて おさんぽ瞬太郎』、コンビの『いろんなあけかた』、セガトイズの『さかだちラッキー』、メガハウスの『電池不要で光る!成る!エコロ』が優秀賞を受賞しています。

アガツマの『アンパンマン タッチであいうえお教室 キッズタブレット』

子どもの知育や教育に貢献する玩具から選ぶエデュケーショナル・トイ部門では、アガツマの『アンパンマン タッチであいうえお教室 キッズタブレット』が大賞を受賞。タッチ操作やスライド操作ができるタッチパネルを採用し、「あいうえお」や数字の学習、クイズや音遊びができるおもちゃです。8月に発売を予定しています。

エデュケーショナル・トイ部門の優秀賞

同部門ではほかに、くもん出版の『メモリーたまご』、セガトイズの『アンパンマン おしゃべりいっぱい! いまからはじめる! せいかつカード』、タカラトミーアーツの『リアルコンストラクション<木工安全体験> デラックスワークショップ』、バンダイの『はじめてのペンタッチスクール』が優秀賞を受賞しています。

バンダイの『変身ベルト DXオーズドライバー・オーメダルシリーズ』

男の子向け玩具のボーイズ・トイ部門では、バンダイの『変身ベルト DXオーズドライバー・オーメダルシリーズ』が大賞を受賞しました。人気の『仮面ライダーオーズ』のおもちゃで、ベルトのスキャナでメダルのICチップを非接触で読み取り音や光を発する変身ベルト。昨年の9月から発売されています。

ボーイズ・トイ部門の優秀賞

同部門ではほかにエポック社の『野球盤 ドクターケイ v.s. ダブルスラッガー』、セガトイズの『爆丸 BA-001 コロッサス・ドラゴン』、タカラトミーの『連結!E5系「はやぶさ」&トミカ駅前ロータリーセット』、タカラトミーアーツの『バーチャルマスターズリアル』が優秀賞を受賞しています。

タカラトミーの『リカちゃん サーティワン アイスクリームショップ』

女の子向け玩具のガールズ・トイ部門では、タカラトミーの『リカちゃん サーティワン アイスクリームショップ』が大賞を受賞。商品化の要望が多かった人気アイスクリームショップとのコラボ製品で、別売りのセットをそろえれば31種類のアイスをコンプリート可能。4月から発売されています。

ガールズ・トイ部門の優秀賞

同部門ではほかにエポック社の『ヘアコレカチュール』、セガトイズの『ズーブルズ フラワーハウス』、パイロットインキの『なかよしコレクション』、バンダイの『3Dデコデルカ スタンダードセット』が優秀賞を受賞しています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。