ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マジコンはファミコン時代から存在していた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

マジコンというと、『ニンテンドーDS』のゲームをコピーして遊べるグレーゾーンな周辺機器というイメージがあります。『ニンテンドーDS』のマジコンといえば、カートリッジと同型の『R4』が有名ですよね。決して利用を推奨できるモノではありませんので、もし売っていたとしても買わないようにしましょう。

そんなマジコンですが、実は『ファミコン』時代から存在していたというのを知っていましたか? マジコンの存在は『ニンテンドーDS』で広く認知されましたが、『ファミコン』にもマジコンが存在していたのです。

特に有名な『ファミコン』のマジコンは『ファミリーライター』と呼ばれていたもので、堂々とマスコミにも取材を受けて販売されていました。『ファミコン』のマジコンは複数の酒類が販売されており、雑誌に広告が載せられたり、テレビコマーシャルが流れたりしたこともありました。

その後に発売された『スーパーファミコン』にもマジコンが存在しました。フロッピーディスクにゲームをコピーすることにより、ゲームソフト本体は持っていなくてもゲームができてしまうのです。『UFO』や『サイクロン』というマジコンが有名ですが、3~7万円ほどしたのでなかなか子どもには買えなかったようです。

しかし、オトナのなかには「8000円でゲームを買うより数万円するマジコンを買ったほうが得」と思った人が多くいたようで、高額ながら、けっこう『UFO』が売れたと聞きます。しかし、うまくゲームをコピーできなかった『サイクロン』は不評だったようです。

『ニンテンドー3DS』のゲームをコピーできるマジコンはまだ登場していないと思われますが、もし登場したとしても購入したり使用するのはやめましょう。モラルの問題もありますが、『ニンテンドー3DS』にはマジコン対策でいろいろと罠があるとかないとか……。とにかく違法行為は許されることではありませんし、グレーゾーンに踏み入る行為も感心できません。ゲームソフトは普通にお店で購入して遊びましょうね。

shioriの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。