ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ざわちん・ままちんの手料理の腕前は? 『恵 megumi ガセリ菌SP株』PR発表会

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


雪印メグミルク株式会社が、ガセリ菌SP株が入った、脂肪ゼロ・砂糖不使用の『恵 megumi ガセリ菌SP株』PR発表会を原宿のMILK CAFEにおいて開催したので取材した。

記者が取材した第二部では、一般の招待客を招いて試食パーティーも行われた。

件のヨーグルトを使用したオリジナルメニューが並べられ、自由に試食してよい状況だったので、来場した招待客(主に女性)は、報道関係者の後方で、トークセッションを待つ間おいしそうにパクついていた。
これらのメニューはMILK CAFEで3か月の期間限定メニューとして提供される。

このヨーグルトを1日1個12週間摂取した結果、内臓脂肪が減少が確認されたというデータを見れば、気になるのも無理はない。

さて、第二部のゲストは芸能人の物まねメイクで人気のざわちんさん。

いきなりMCに、「1日で効果が出ました!」などとぶちまけるものだから、MCも「またまた~、さすがにそれは…」と盛った話だろうとけん制する。

「もう1日でお通じがね。緩すぎてどうしようかと」と、そのあたりは事実のようだった。
便秘のお悩みは女子に共通のものだろうが、どこまで信用するかは読者に委ねることにする。

もう一人にゲストは、ざわちんさんのママ。つまり、「ままちん」さん。
MCとざわちんさんの二人で呼び込む。
娘が母親に対して「ままちんさ~ん!」と呼び込むのが滑稽に思えた。

登場した「ままちん」さんのメイクもきれいだという話題になり、実はままちんさんのメイク術から学んだという、ざわちんさん。

このイベントでは、ざわちんさんが、オリジナルレシピを披露することになっていた。
報道関係者には事前に「ざわちんさんの手料理にもご期待ください」と紹介されていたのだが…。

早速作り始めたざわちんさんに、「普段料理はするのですか」と何気なく尋ねたMC。
対して、ざわちんさんは「しませんよ!」と即答。
会場に嫌な予感が漂う。
ままちんさんが、「家でそんなもの作ってた?」と親子の会話が始まり、気が付いたら、ままちんさんはタガログ語に変わっていた。

出来上がったのは、ヨーグルトにマヨネーズと砂糖を加えた得体の知れないものをパンケーキに塗りたくり、フルーツを添えたもの。
実はこれでチーズケーキの味になるらしい。
無理やり試食させられたMCは「あ、おいしい!」とは言っていたが、記者は食べていないので判断はできかねる。
こうしてドタバタ劇のパーティーは終了した。

記者が会見終了後にひとりで、オリジナルメニューではなくヨーグルトそのものを試食していると、ざわちんさんが近寄ってきて、「お味はどうです?」と親しく話しかけられた。
『恵 megumi ガセリ菌SP株』の味は思いのほか甘くなく、かといってライトでもない。そのように答えると、「そうでしょう!」と妙に同意してくれた。

そんなことよりも、先ほどの「チーズケーキ味」が気になる記者は、囲み取材や単独取材はプログラム上は予定されていないのだが、せっかくなので、ざわちんさんとの会話をそのまま単独インタビューに切り替えた。

「わたし、マヨラーなんですよ。それで、ヨーグルトを食べているときに、ふとマヨネーズをなめてみたら、チーズケーキの味がして。それでピンときたんですよね。あ、これのコツはですね…」

と、聞いてもないのに詳細を伝授してくれるざわちんさん。

「コツはですね、砂糖を多めにして、混ぜたらいったん冷やしてくださいよ!」

と、すでに記者が作ることが前提になっている。

「今日は時間がなくて冷やせませんでしたけど、冷やすと少し固まるんです。だから本当においしいのでやってみてください!」

と、いうことらしいので、勇気のある読者は挑戦してみてはいかがだろうか。
しかし、なぜ記者のところに来たのか今もってわからない。
内臓脂肪がつきすぎていると思われたのだろうか。

※写真はすべて記者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP