ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国の独身者が結婚すれば消費電力が50%に? 『強制「節電」入籍セット』発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


電気は節電、愛は発電……またしても珍妙なキャッチコピーとともに、新たな『強制プロポーズセット』が登場しました。バージンダイヤモンドは『THE BEST SURPRISE』の新商品として、結婚と節電を呼びかける新アイテム『強制「節電」入籍セット』を、“恋人の日”6月12日に発売します。一般家庭にも15%の節電が呼びかけられる今年の夏。ひとり暮らし同士のふたりが共に暮らし節電を行えば、家庭の消費電力は50%減になる!?

つきあっているふたりが一緒に住むようになれば、消費電力を半分にすることも可能ではないか――同社の調べによると、全国の25歳~44歳の独身者約1440万人全員が結婚して同居し節電に励めば、東京電力の電力不足量1500万KWの4分の1が節電可能になるそうです。そこで、「プロポーズして結婚に進むことが社会貢献にもつながる」と考え、『強制「節電」入籍セット』を発売することにしました。

セットの内容は、「ホンモノの指輪を買うために貯金します!」という『誓約書』、その約束を象徴する『ぶたの貯金箱』、『プロポーズリング』、『バスアロマキャンドル』(愛する二人に電気は不要!)、同社オリジナルの『「電気は節電、愛は発電」チェックシート』、『婚姻届』(記載方法説明書つき)、そして相手の印鑑です。

「節電のために一緒に暮らすなら、家族との同居やシェアハウスでもいいのでは……?」というツッコミをしたくなりますが、『強制「節電」入籍セット』は婚活フォローアイテムを開発することで、日本の少子化抑制に貢献するサービスを展開する『THE BEST SURPRISE』の新商品。いざとなると切り出しにくいプロポーズを後押しするアイテムとして活用してみてはいかが? 価格は9248円(※急に幸せ、税込み)、同社ウェブショップにて販売します。

ちなみに、“恋人の日”はブラジルで縁結び・女性の守護神とされる聖アントニオの命日の前日で、1952年に定められて以来恋人同士でフォトフレームを贈り合う年中行事として定着しました。日本でも、全国額縁組合連合会が1988年から普及に取り組んでいるそうですよ。
 

つまり、こういう取り合わせっていうことですかね。

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP