体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

移転したアキバのAndroidタブレット専門店NextFunでオススメの“aPad”を見せてもらいました

アキバ デジタル・IT
移転したアキバのAndroidタブレット専門店NextFunでオススメの“aPad”を見せてもらいました

昨年「アキバにあるAndroidタブレット“aPad”の専門店 NextFun に行ってきました」の記事[リンク]でご紹介した中国製Androidタブレット“aPad”専門店が秋葉原の中央通り沿いに移転したというお知らせを受け、取材に行ってきました。取り扱い製品のラインアップも増え、広くなったお店で、最近オススメのタブレットを紹介していただきます。

※記事のすべての写真が表示されない場合はこちらをご覧ください

一番人気の『Opad Renesus』

最近は、7インチのサイズで静電式タッチパネルを搭載した製品が増えているとのこと。感圧式のものと比べて操作の反応もよく、表示がきれいなタブレットがそろっています。一番人気は『Opad Renesus』。7インチのマルチタッチディスプレーを搭載し、1GHzの『Cortex-A9』デュアルコアというハイスペックなタブレットです。OSはAndroid 2.2で、『Flash Player 10.3』に対応するほか、HDMI出力やBluetoothに対応します。価格は2万3800円(税込み)です。

Android 2.3搭載の『Bpad 707』

Android 2.3を搭載した端末も。『Bpad 707』は、1GHzの『Cortex-A8』をCPUに搭載する7インチタブレット。価格は2万2800円(税込み)です。現在Android 2.2で提供しているほかの端末も、NextFunのウェブサイトから2.3へのアップデートを順次提供していく予定とのこと。

ASUS『Eee Pad Transformer』

日本では発売前のASUS『Eee Pad Transformer』も取り扱っています。Android 3.0搭載の10.1型タブレットで、キーボードドックを接続するとノートパソコンに早変わりする端末。価格は6万5000円(税込み)です。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会