体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野外で食べるあったかシチューは格別! 秋フェス・秋キャンプにあると便利なアイテム

朝霧ジャム

以前、「ズボラ女子必見! 重い・どこで買えば良いか分からない“フェスグッズ”は全てAmazonでそろう」という記事で、野外フェスに必要な装備はAmazonで買うと、選ぶのが楽だし、重く無いし、モノによっては安く済むよ! というTIPSをご紹介しました。

【関連記事】ズボラ女子必見! 重い・どこで買えば良いか分からない“フェスグッズ”は全てAmazonでそろう
http://getnews.jp/archives/1097080 [リンク]

そして、今回はさらに本格的な装備が必要となる“秋フェス編”と題し、去る10月10日、11日に開催された「朝霧JAM」に参戦して、筆者が感じた「便利・あったら最高なグッズ」から、Amazonで入手出来るものをピックアップ(というか、全部入手出来るんですけどね)。これから秋フェスに行く予定の方、秋・冬キャンプを計画している方の参考になれば幸いです。

「朝霧JAM」ってこんなイベント

朝霧ジャム

【朝霧JAMとは】
富士山に初冠雪が降り、夕暮れ時には美しい「赤富士」が観られる時期に、富士山という素晴らしい山、そして酪農家の皆さんが築いた美しい緑の朝霧高原に敬意を払いながら、太陽と月の軌道に音楽を載せ、皆で楽しく飲んで踊って遊べるフェスティバル。朝霧JAMは、ジャムバンドのJAMではなく、ジャンルレスに様々なミュージシャンが集い皆で楽しむ意味を込めたタイトルです。(公式サイトより引用)

筆者の周りの音楽好きの中でも、フェス慣れしている人が行っているなという印象だった「朝霧JAM」。10月に開催されるという事もあって、衣類はもちろん、夜テントで眠る際の冬用シュラフ・寝袋は必須ですし、色々と準備が必要。その代わりと言ってはなんですが、行った人のオススメ度が他のフェスに比べてかなり高いのも朝霧JAMの特徴。とにかく皆が「最高に楽しい!」と目を輝かせて言うので、以前より気になっていました。

今回、筆者はアウトドア好きの友人に混ぜてもらい、テントやケープ、大きな道具は友人にお任せ、長靴等の衣類、シュラフ、など身につける物と寝具だけ準備しました。また、「オートキャンプ」を利用したので、炊事レベルの火が使えます。

あたたかい物が食べられる・飲めるだけで幸福度が段違い!

朝霧ジャム

どんどん気温が下がってくるこれからの季節。あたたかい食べ物や飲み物が食べられるだけで、キャンプの幸福度はグっと上がります。筆者も今回、朝霧JAMに参加して、友人の持ち込んだガスコンロにかなり助けられました。

「イワタニ カセットフー マーベラス」[リンク]は、取り外し可能なトップカバーの大きな風防とバーナー周りを囲む風防リングのW風防で、風の気になる屋外での使用にも最適、という便利アイテム。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会