ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドルオタ目線でキャラクターと触れ合える! お手軽なVRゴーグルで遊んでみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

一昔前に『セカイカメラ』というものが流行った。開発していたのは頓智ドット(現tab)。スマートフォンのカメラ機能を利用したもので、同アプリを起動し町並みや店舗内の棚などにかざすと、“エアタグ”と呼ばれる情報が実際の風景に重なってスマートフォンのディスプレイに表示されるというものだ。

このAR(拡張現実)では、実際そこにあるものに別の情報を付け足すが、VR(バーチャルリアリティ、仮想現実)では、見えるものすべてが創りだされたものになる、という違いがある。

ヘッドフォンとゴーグル(ヘッドマウントディスプレイ)を装着すれば、現実の外界から遮断され、機器を通して提供される映像や音によりその世界に没入できる、ということでゲームなどのエンターテイメントやバーチャルモデルルーム見学などのビジネスシーンでの利用が想定できる(職業によっては訓練に取り入れているところもある)。

無料コミック→アニメ→VR!

……とまあ、固いことはこれくらいにして、要は目の前に立体の世界が広がり、360度、ぐるっとその世界を体験できるというのがVRの醍醐味であろう。3Dキャラクターがその世界にいれば、上や下の目線で味わうこともできる。

そして今回、無料コミックアプリ『GANMA!』(ガンマ)を配信しているコミックスマートが、『ミリオンドール』のキャラクターをドルオタ目線で愛でられる『ミリオンドールVRゴーグル』を販売開始した。

『ミリオンドール』とは、ドルオタ(アイドルオタク)の1人でもある藍さんによる人気作品で、アニメ化もされている。ピンで活動する地下アイドル“マリ子”と福岡県糸島市の3人組地元アイドル“イトリオ”、そして彼女たちをそれぞれ違った形で支援するドルオタ(現場ヲタの“リュウサン”と在宅ヲタの“すう子”)が織りなすアイドル群像マンガだ(参照: http://ganma.jp/mdoll )。

その彼女たちのライブを臨場感たっぷりに鑑賞したり、握手会の体で「タッチ」できたりしてしまうのがこの『ミリオンドールVRゴーグル』というわけ。

話題のVRとキャラクターがどのように融合するのか……楽しみではないかっっっ!

というわけで、取り寄せることにしたw

いざ、愛らしかアイドルたちの世界へ!

“ゴーグル”といっても、ソニーやSamsung、エプソンなどから発売しているような物々しいものではなく、気軽に楽しめる紙製、しかも組み立て式。


組み立て前の中身はこんな感じである。

一枚の厚紙である。それを切り取り折り曲げ……。

完成![/caption]

このような形になる。ちなみに左側にあるのは「マーカーリング」と呼ばれるもので、仮想現実世界でキャラクターを愛でつつも、スマホのカメラ機能で、このマーカーリングを捉えて、キャラクターに触れられる“手”として認識できるようになる。


装着その一。


装着その二。手で持っても良い。

マーカーリングはその名の通り組み立てれば“輪っか”になるので指にはめてもいいし、安定しないと思ったら手で持っても構わない。カメラに写ればいいのだよ、写れば。

そんなわけで、実際に使用している様子をご覧頂きたい。

ミリオンドールVR_1 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=XMlFW6cTxBM

ミリオンドールVR_1 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=4trTzxFVhG0

タッチしている時はこのように表示される。

マーカーリングを認識させてキャラクターにタッチするわけだが、これがなかなか認識されない。ばっちり写っているのに……と手をプルプルさせているが、これも大好きなあの娘のため。喜んで耐え忍ぼうではないか。もちろん、周りからどのように見られているかも気にしない……。

スキップという動作が必要なため、広い場所で楽しむのがオススメだ。

ただし、友だちを誘うのをお忘れなく。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: MARIKA WATANABE) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP