ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

シネブリッジが撮影後の映像に広告を挿入できる『デジタル・プレイスメント』を開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
シネブリッジ『デジタル・プレイスメント』海外事例(サブウェイ)

映画専門の広告代理店・シネブリッジは、イギリス・ロンドンを拠点とするデジタル・プレイスメントの専門会社MirriAd社と業務提携し、デジタル技術による新しい広告モデル『デジタル・プレイスメント』を6月1日より開始しました。

『デジタル・プレイスメント』とは、撮影後の映像にデジタル技術で商品や広告を露出する新しいプロダクトプレイスメントです。プロダクトプレイスメントとは、映画やテレビドラマの劇中で、俳優に特定の商品を使用させたり、背景にスポンサー名の入った看板を撮影する広告手法。近ごろ、デジタル録画を“CM飛ばし”をしながら観る視聴者の増加したこともあり、新たな宣伝の手法として日本でも注目が高まっています。

『デジタル・プレイスメント』は、MirriAd社が開発し特許を持つ『ZoneSense』と呼ばれるシステムを採用。映像のなかで、プレイスメントに適したスペースを瞬時に探し出し、オリジナル映像に同質化させたプレイスメントが可能です。なお、同社はMirriAd社との業務提携により、『ZoneSense』の日本国内における独占的使用権を取得しました。

従来のプロダクトプレイスメントとは違い、事前に商品やブランドのイメージに合うシーンの選定ができ、確認作業もオンラインでスムーズに行えるのも『デジタル・プレイスメント』の特徴。また、上映後のコンテンツの再放送やDVD化の際に、『デジタル・プレイスメント』を行うことも可能です。

サービス開始は、今秋公開予定の邦画からになる予定。今後は、映画製作会社やテレビ局などに順次サービス提供を行うと同時に、広告主としてプレイスメントを希望する企業も募集します。将来的には、ネットに接続しているテレビやパソコン上で、プレイスメントした商品が露出されている間にクリックすると、オンラインで商品情報の確認や購入ができるなど、インタラクティブなサービスも可能になると考えられています。デジタル技術の発達によって、映像コンテンツと広告の関係も大きく変わって行きそうですね。
 
 

■関連記事
広告不況がもたらすマスメディアのもう一つの劣化
赤塚不二夫アニメの傑作&珍作を豪華13本立てなのだ! コンピレーションDVDがアツい!
映画『スリー☆ポイント』山本政志監督×蒼井そらトークショーレポート「からみシーンは監督・演出“蒼井そら”」
松本人志がニンテンドー3DSにやってくる! 『さや侍』主演の野見さんも配布
“ザ・ロック様”の怒りの復讐祭開催! この夏、最高級のデート・ムービーの一本です!

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。