ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次世代USBメモリ!「iShowFast」はデータ転送速度が最速!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンの容量がいっぱいになったときなど、データ移送に重宝するUSBメモリ。

1つ持っておくと便利だが、今回は既存のタイプよりもさらに便利になったものを、iPhoneなどiOSデバイスユーザー紹介したい。

データ転送速度が従来品より最大14倍も速い「iShowFast」だ。

・USB規格3.0活用

開発したのは、サンフランシスコ拠点の「Hyper」。ライトニング端子付きのUSBメモリで、AppleのMFI(Made for iPhone)認証も受けている「iStick」の開発元でもある。

今回のiShowFastはiStickの後継で、最大の特徴はUSB規格が3.0で、転送速度が速いこと。

・大容量データも素早く

USB側の読み込みは140MB/秒、書き出し45MB/秒。ライトニング側では読み込み30MB/秒、書き出し20MB/秒となっている。

なので、iOSデバイス間、またはUSBを備える機器との間で写真や動画、音楽、ファイルなど大容量データのやりとりが非常に素早く行える。

ネット速度などがアップしている現代、読み込みなどに時間がかかると不便を感じるが、iShowFastはまさにそんなiOSデバイスユーザーのためのものといえる。

もちろん、iStick同様、専用アプリでファイルの管理ができ、パスコードロックを活用してデータを保護することもできる。

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoでプレオーダーを受け付け中(11月12日まで)。価格は容量で異なり、16GBが49ドル、32 GB は60ドル、64 GB は89ドル、128GBは159ドルとなっていて、予定小売価格よりお得に入手できるチャンスだ。

iShowFast/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP