ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

定番パズルゲームにRPG要素をミックスした『さめがめファイター』がゆるやかにハマる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

定番パズルゲームにRPG要素をミックスした『さめがめファイター』がゆるやかにハマる

モンスターと戦うRPG要素を加えたマインスイーパー『マモノ・スイーパー』で僕たちの時間を盗んでいったHojamaka Gamesが、新作Flashゲーム『さめがめファイター』を公開しました。今回もだれでもルールを知っている定番パズルゲームにRPGの戦闘要素をミックスして、分かりやすく中毒性のある作品に仕上がっています。

ベースとなっている『さめがめ(samegame)』は、1985年に雑誌へ投稿された日本のパソコンゲームがオリジナルとされており、その後移植やアレンジにより多くのバージョンが存在する定番パズルゲーム。画面に並んでいるコマから、同じ種類のコマが2コ以上並んでいる場所を選んで消していき、消せるコマがなくなった時点でゲーム終了になります。消えたコマの上のコマは下に落ち、縦1列のコマが消えたら、その右にあるコマが左に移動するというルール。

『さめがめファイター』は、『さめがめ』をプレイして相手のモンスターと戦うゲーム。コマは剣、斧、盾、薬、火の玉の5種類で構成され、消したコマの種類に応じて攻撃、防御、回復という戦闘コマンドを入力していくことになります。火の玉は「テンションアップ」のコマで、次に選ぶコマの値を消した数だけ加算できるというもの。

相手のモンスターは、時計のマークに記載された数が行動のターンとなっており、「3」と記載されていたら3回の行動を1セットにして繰り返します。たとえばスライムなら「何もしない」「何もしない」「攻撃」が1ターン。プレイヤーのコマンドとモンスターのターンによる行動でヒットポイントを奪い合い、自分のヒットポイントがゼロになったらゲームオーバー。相手のヒットポイントをゼロにしたら勝利で、10ステージ、全10体のモンスターと戦闘を繰り広げます。

『さめがめ』はひたすらコマを消していくのに対して、『さめがめファイター』はいつ、どのコマを消すかが重要になるため、緊張度と戦略性が大幅にアップ。防御を固めて相手の攻撃を受けながら、それまでに集めておいた攻撃のコマをまとめて消して反撃! など、パズルを解く爽快感とRPGの戦闘シーンの興奮が同時に味わえるのがポイント。

今回も「時間泥棒!」と言いたいところですが、ステージクリアのステータスはブラウザに保存されるので、1回のプレイ時間は短く済ませることができます。サクっと遊んで、仕事に戻りましょう。やり始めると止まらなくなるので、自制心は必要になりますが……。こちらにハマった人は、同じ作者の『マモノ・スイーパー』も遊んでみることをオススメします。

さめがめファイター

この時間泥棒!RPG的マインスイーパー『マモノ・スイーパー』がスゴい

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。