体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】『AKIBA’S TRIP』で脱がしまくれ! アキバを再現したカオスアクションゲーム

アキバ ゲーム
AKIBA'S TRIP

5月19日にアクワイアから発売されたPSP用ソフト『AKIBA’S TRIP(アキバズトリップ)』。発売前から話題になっており、実際の秋葉原の店舗が登場することでも注目されている。ガジェット通信取材班は発売直後に実際の秋葉原と比較するために1日がかりで秋葉原各地の写真を撮りに行き記事にした。その記事は既に公開されているので、気になる方はそちらもご覧頂きたい。

さて、今回は発売から1週間経ちそろそろクリアした人も出てきているのではないだろうか。そんな『AKIBA’S TRIP』のレビューを行いたいと思う。

──秋葉原の街はどこまで再現できているのか?
このゲームの特徴はなんといっても舞台となっている秋葉原の街の再現だろう。どこまで再現できているのか気になる方もいるだろうが、このゲームは中央通り4個所、裏通り、ジャンク通り、駅前、公園、UD+、屋上といったエリア事にわけられている。これらのエリアなしでシームレスに秋葉原を自由自在に歩き回れたらさぞ楽しかったのだが、そうはいかずエリアの決められた範囲しか行動出来ず、ある範囲外に移動するとマップ選択画面に戻ってしまう。PSPのメモリ容量の関係からかマップデータを一括して読み込むことができなかったのだろう。

似たようなゲームで『龍が如く』シリーズがあるが、こちらは1つのマップがかなり広大になっている。やはりPSPとPS3ではできることに差ができてしまうのだろう。

では再現度だが、ゲームの開発期間の関係からか、少し古い秋葉原となっている。例えば『ドスパラ』が『T-ZONE』のままだったり秋葉原駅前が工事中だったりと昨年データのままだ。これは本当に仕方のないことなのだが。できれば最新のデータで遊びたかった。新作が出る際は最新マップになっていることを期待したい。

またお店は実際の店舗を再現しているのだが、個性があまり出ていないのが残念だ。お店独自のミュージックや店員の声があるはずなのだが、全て同じお店に見えてしまうのは気のせいなのだろうか。唯一メイド喫茶の「おかえりなさいませ~」の声が印象に残るくらいだろうか。

秋葉原の街並みを再現 とらのあな あきばお~

──敵を脱がしていくアクション
このゲームは街中に徘徊する「陰妖子(以下、カゲヤシ)」と呼ばれる敵の衣服を脱がし太陽光に晒すことにより倒していくというゲーム。カゲヤシはカメラで撮影すると写らないので、判別が可能。戦闘はアクションとなっており、中断攻撃(上着)、下段攻撃(下着)、上段攻撃(頭部)を攻撃し脱がす指示ボタンが出たら脱がすチャンス。その際はボタン長押しでズバっと脱がしていくのだ。

1 2 3 4次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会