体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

馬のヒレ肉を刺身で食べてみたら激ウマだった件 @『焼肉はせ川』小田急相模原

h-tai21_R

ちょいちょい前に流行った『台湾混ぜそば』ですが、みなさんは食べた事があるでしょうか?

恥ずかしながら筆者は、まだ食べた事がありません。

なんとなく美味しそうなイメージですが、筆者が行くラーメン専門店には、なかなかメニューに乗っていないんですよね。

と、言う訳で『台湾混ぜそば』童貞の筆者が、生まれて初めての『台湾混ぜそば』を食べに某焼肉店に行ってみました。

まずは焼肉をエンジョイすべし!

h-tai20_R

この日訪れた店は焼肉屋さんなので、まず最初は焼肉をエンジョイしましょう。

完全予約制(2名様以上)なので予約してから行くと、訪れる時間に合わせて七輪の炭を起こしてくれています。

なので七輪をガン無視して『台湾混ぜそば』だけを食べるのも非道な行いかと存じます。人として必ず焼肉は食べましょう。

しかし、あとから『台湾混ぜそば』を食べる予定なので、今回は焼肉は軽めにしてみました。

特選国産和牛『サーロイン』が檄ウマし!

h-tai1_R

最近、サーロインの美味しさに改めて目覚めた筆者は、まず『サーロイン』があったら必ずオーダーします。

サーロインは焼肉屋さんと言うよりは、どちらかと言うとステーキ屋さんや鉄板焼きの店の定番ですが、この店では比較的レギュラーメニューになっています。

サーロインの美味しさは、なんと言っても極上の脂が綺麗に刺している点ですね。カルビなんか目じゃありません。

h-tai2_R

どうですか~!

この超絶美味そうなサーロインの絵は~!

h-tai6_R

しかも、この極上サーロインはステーキばりの厚切りでカットされています。

なので中心部はほとんどレア!

焼き加減は中心が人肌くらいに温まった瞬間がベストです。食べた時に「冷たい」と思わないギリギリの温度を狙って焼くのが、焼肉奉行の勤めで御座います。

「最高の食材に対し、最高の焼き加減で答える…」

これが焼肉に対する筆者のリスペクトです。肉を七輪で炎上させる輩は、肉に対する愛が足りないと反省すべきでしょう。

網を馴らしたら『上牛タン』を味わえ!

h-tai3_R

焼肉は「牛タンから焼け!」と言われますが、その意味は

「タレではなく塩から焼いて網を汚さない」

って事であります。別に”牛タン”だけに限定した話ではないのです。

ただ世間一般では、カルビなども”タレ”で提供される事が多いので、分かりやすく牛タンと言っているだけなのです。

なので網が新品で油が馴染んでいない場合、まず最初は”脂の乗った塩味の焼肉”から焼くべきでしょう。

そして、網のコンディションが整ったら、憧れの『上牛タン』を焼きましょう。

h-tai4_R
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy