ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とれたてホップのビールは格別! スプリングバレーブルワリー『フレッシュホップフェスト2015』を開催 行ってみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

スプリングバレーブルワリーから、今年収穫したホップでつくったビールの解禁を祝うイベント『フレッシュホップフェスト2015』が東京と岩手の2会場にて開催。今回、東京会場となり代官山にある『スプリングバレーブルワリー東京』へ、ガジェット通信編集部スタッフがさっそく参加。イベントの様子をご紹介いたします。

スプリングバレーブルワリー東京がお祭り仕様に


以前、ガジェット通信でご紹介した、クラフトビール好きにはたまらないお店
『スプリングブルワリー東京』ですが

【関連記事】クラフトビールの魅力を存分に味わえる! 『スプリングバレーブルワリー東京』4月17日オープン
http://getnews.jp/archives/920309[リンク]

代官山という土地柄か、ラグジュアリーな印象もある『スプリングバレーブルワリー東京』の店舗が、イベント取材日は、屋台風のお店も並び縁日のようないつもよりカジュアルな雰囲気の装いに。



店内は、ホップも展示され、ホップを模した葉っぱも至るところにオブジェで飾られておりました。

気になるビールのラインナップは?


さてさて、収穫したてのホップで作られたビールのラインナップはこちらの8種類。数量限定。

1、『HOP FEST2015』(スプリングバレーブルワリー)
2、『藤原ヒロユキ フレッシュホプスペシャル1』(スプリングバレーブルワリー)
3、『TOKYO BLUES フレッシュホップ』 東京地ビール 多摩の恵み(石川酒造)
4、『遠野の華』 遠野麦酒 ZUMONA(上閉井酒造)
5、『Fresh Cascade Ale』 常陸野ネストビール(木内酒造)
6、『横手 Fresh Hop Bitter』 常陸野ネストビール(木内酒造)
7、『ゼウスビター』 松江ビアへるん(島根ビール)
8、『信州早生ウェットホップエール』(ベアードブルーイング)



さて、気になるお味のほうは「どれも美味しい! 飲んで楽しいので全部飲むべし!」といったところでしょうか? 自分の好みに合わせて、スタッフさんに相談し、フードとの相性から選んでも◎

フードも絶品! Tボーンステーキを食べてみた


ビールといえば、お肉でしょう、という読者の方も多いのでは。普段9,800円で提供される、Tボーンステーキがこの日4,000円(8チケット)で購入可能。肉好き編集部スタッフは、さっそくオーダー。

肉汁したたるステーキはやっぱり美味。どのビールにも相性抜群。このステーキは、Tの字の骨の片方側がサーロインステーキ、片方がフィレステーキなのだそう。どちらも旨し。


そのほか、その場で削ってくれる豪快なチーズや、女性にうれしいサラダが充実していたり、筆者の好物ナッツの燻製など、おつまみフードがずらり。

美人スタッフさんもこの日ほろよい接客で「ビール好きは飲みながら語らなきゃですよね」とにこにこ。


ビール好きのためのレジャー施設といったスプリングバレーブルワリー東京『フレッシュホップフェスト2015』。秋晴れの本日、遊びに出かけてみては? 『フレッシュホップフェスト2015』はスプリングバレーブルワリー東京にて2015年10月4日22時まで開催です。

詳細情報

『フレッシュホップフェスト2015』
期間:2015年10月3日(土)、4日(日)11時30分~22時
場所:スプリングバレーブルワリー東京
URL:http://www.springvalleybrewery.jp/tokyo/[リンク]

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。