ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加賀ハイテック、米Martianのアナログ腕時計をベースにしたAndroid / iOS対応スマートウォッチ5モデルを10月9日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

加賀ハイテックは、米 Martian Watches のアナログ腕時計をベースにした Android / iOS 対応のスマートウォッチ 5 モデルを 10 月 9 日に国内で発売すると発表しました。同社が取り扱うのは「Martian Voice Command」シリーズの 5 モデルです。価格は公開されていません。この製品は、ボタン電池で 2 年間使用できる普通のアナログ時計の内部に 96 x 16 ピクセルの OLED パネルを備えており、天気や電話の発信者番号、アプリの通知などを表示するほか、マイクとスピーカーを搭載しており、Google Now や Apple Siri の音声コマンドと音声フィードバックをスマートウォッチ側で利用できます。ワイヤレス通信機能は、Bluetooth v4.0 に対応しており、一回のフル充電で 5 日は使用できるとされています。アナログ時計は日本メーカーの製品なので信頼性はそれになり高いことでしょう。このほか、3 軸加速度センサーを備えており、歩数や消費カロリーなどを取得するアクティビティトラッカーとしても機能します。Source : 加賀ハイテック

■関連記事
Y!mobile、「AQUOS Crystal Y」のセキュリティアップデートを開始
セカンドスクリーンを持つ「LG V10」は10月8日に韓国で発売、価格は約85,000円
DMM mobile、格安通話アプリ「DMMトーク」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP