ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

史上最強のコストパフォーマンスを誇る『鉄火丼』を食す! @『焼肉はせ川』小田急相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

何気に刺身や寿司が好きな筆者ですが、普段はあまり”海鮮丼”的な何かを欲する事はありません。

どちらかと言うと寿司屋で”光り物”を食べながら軽く一杯やるくらいのスタンスが定着しています。

やはり魚を食べるなら寿司屋が一番美味しいかなと思うし、ちょっとした刺身なら魚の美味しい居酒屋さんを探します。

しかし!

”海鮮丼”にも良さはあります。握りよりもボリュームもあって、お手軽に魚を楽しめます。

と、言う訳でちょっとやそっとの”海鮮丼”では動かない筆者ですが、ついに立ち上がる時が来たようです。

『鉄火丼』(600円)を所望する!

この店は完全予約制の焼肉屋さんなのですが、謎にメニューが豊富です。しかも異常に安いのが特徴で御座います。

『山盛りオリーブ』」(50円)

前は150円だか250円だったのですが、人気がないのか値下げされて50円になっていました。

もっとも、さしてオリーブを欲していないし、この店の”山盛り”を知っている筆者は50円でも軽くスルーします。

壁に貼ってあるメニューの数々、どれもが気になるのですが本日のターゲットに一点集中です。

『鉄火丼』(600円)

基本的に焼肉屋さんなので魚は無いのですが、ここ最近チョイチョイ”まぐろ”が顔を出しています。

これは確実に要チェックすべき一品ではないでしょうか?

『鉄火丼』を食す!

多分、こうなるであろう事は予想していましたが、案の定こんな感じのグラフィックに笑いが止まらない筆者です。

”山芋”が入っているのも大き目の茶碗ですからねw

『鉄火丼』の直径は隣の”七輪”と大差ありません。

さあ、宴の始まりです。『焼肉はせ川』の実力、試させて頂きましょう!

卵の黄身と山芋を混ぜるべし!

そもそもが、この山芋だけで茶碗一杯分のボリュームとかウケるんですけど、この店では普通の事で御座います。取り立てて騒ぐ程の事ではありません。

山芋と言っても”自然薯”(ジネンジョ)では無く、長芋の方なので、ちょっと粘りが足りない感は否めませんがヨシとしましょう。

本物の山芋を茶碗一杯使ったら、それだけで600円はしちゃいますからね。

ワサビと醤油を混ぜて丼にオンします。かけると言うよりは注ぐと言った方が的確な量ですが、少ないよりは幸せでしょうか?

ポイントとしては、最初はあまり醤油を入れないで混ぜて、丼に注いでから醤油を追加して回しかけると良いですね。

そうする事で山芋の風味を生かしつつ、丼全体に醤油の強弱が出て味のコントラストが生まれます。

マグロの色々な部位が入っているぞ!

厳密には”まぐろハラミ”ってメニューに書いてあるので、マグロの腹の周りの刺身ですが、当然”中トロ”っぽいのも混ざっています。

マグロと言っても”キハダマグロ”ではなく、本マグロですからね。コイツの美味しい部分がドーンと丼になっているのですから驚きです。

写真でも分かる通り”中トロ”や骨周りの”中落ち”とかが盛り合わさってる豪華な丼、コレは確実にキテますね。

二人で分けても十分過ぎるボリュームに感動した!

まあ『鉄火丼』の600円なら探せばいくらでも出て来ますが、この上質なマグロをふんだんに使った『鉄火丼』には及びません。

二人で分けても、まだまだ普通の鉄火丼の”大盛り”くらいのボリュームがあります。

遠慮がちに取り分けた風に見えますが、あれ以上はちょっとキツいそうです。確実に3~4人前のボリュームって事で御座います。

ネギトロも隠れているぞ!

ちょいちょい食べてみると、なんとマグロの切り身の下は、びっしりと”中落ち”が隠れていました!

マグロの骨周りの部分、すなわち本当の”中落ち”な部位になります。これをネギと一緒に叩けば本物の”ネギトロ”になります。

つまり、ひとつの丼で”鉄火丼”と”ネギトロ丼”が楽しめると言う嗜好です。

なので、これだけ大量の御飯があっても”マグロ飢饉”が起きる事は絶対にありません。

『鉄火丼』ヤバし!!

そもそもが『馬のにぎり寿司』を食べた時に、ガリの代わりにマグロが入っていて、その味でイケると確信した筆者。

今回は確実に『鉄火丼』だけの為に予約したと言っても過言ではありません。

とにかくマグロが美味しいかったです。

普段は『豊野丼』の天丼とか『長岡屋』のカツ丼に走る筆者ですが、何気に

「揚げてない系の丼」

は心が癒されます… なんと胃に優しい美味しさか?

しかもデカ盛りなので、二人で分け合っても十分過ぎる量が残ります。

いや、この美味しさなら確実に筆者一人でも、やっつける事が出来ますね。焼肉の後でも余裕で箸が進みます。

いつも生死を賭けた”デスマッチ”みたいな丼ばかり食べて来た筆者の心は、この『鉄火丼』で癒されました。

あと、そろそろ忘れていると思うので、再び補足しておきますが『焼肉はせ川』は完全予約制の焼肉屋さんですからね。

なので、この”超大赤字メニュー”をオーダーする前に、必ず焼肉も食べて下さい。それが常識ある大人の行動です。

松茸様のお吸い物も付いて600円?

そして、この『鉄火丼』には”松茸様のお吸い物”まで付いて来ました。

無論、サービスかも知れないので必ず付くとは言えませんが、大抵の場合は付いてくると思われます。

なにせサービス精神満点の店主ですからね。

豪快な『鉄火丼』の最後を”松茸様のお吸い物”で締めて600円とか、本当に『焼肉はせ川』には頭が下がります。

確実、この内容なら日本一の”鉄火丼”と言っても過言ではないでしょう。

『鉄火丼』 総評

そして最後はサービスのアイスを食べて旅立ちます。この日はなんと”かぼちゃ”のアイスでした。

ちなみに、この『鉄火丼』はサービスメニュー的なアレなので、この記事が公開された頃には、すでに食べられないかもしれません。

まあ、ぶっちゃけ店のメニュー全般、ある意味サービスメニューですが、やはりマグロをこの値段で出すのは無茶です。

恐らくメニューとして張り出されていても、食べられる人は一組か二組じゃないでしょうか?

そんなに沢山のマグロを仕入れている訳では無いので、多くを提供する事は出来ないし、かと言ってマグロを減らしてまで提供しない店主ですからね。

つまり『焼肉はせ川』でも檄レアなメニューと言えるでしょう。筆者も恐らく二度と食べる事は出来ません……。

正直、筆者も記事にするのを止めようかと考えたのですが、やはり多くの人に『焼肉はせ川』の素晴らしさをアピールする為に、出し惜しみは無しで行きましょう。

それが『焼肉はせ川』に対するリスペクトであり、店主の熱い想いに答える筆者の義務とも思っています。

と、言う訳で滅多に食べる事は出来ない『鉄火丼』だとは思いますが、機会があれば是非食べてみて下さい。

『焼肉はせ川』(完全予約制)

住所:神奈川県相模原市南区相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00
定休日:水曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP