ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

参院特別委で「私は、相手の身体には触れていない」とツイートするも…… 民主党・小西洋之参議院議員が炎上中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

9月17日16時半、安全保障関連法案が参院の特別委員会で採決が行われ可決された。NHK・日テレ・TBS・フジテレビが中継でこの様子を報じ、テレビ東京は「豊富なカラー!ストレッチパンツ」とのテロップでパンツを販売。テレビ朝日は『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の再放送をしていた。

前日より
野党の女性議員が集結し女の壁を作り「セクハラだ」と叫ぶ行動 「痴漢冤罪戦術」との批判も
http://getnews.jp/archives/1151353[リンク]
といった事態となるなど、荒れていた審議。17日お昼すぎには民主党の小西洋之参議院議員(@konishihiroyuki)が『Twitter』で



ちなみに、午前中の委員長席詰め寄りの際は、民主党議員は一切、実力行使はしていない。私は、相手の身体には触れていない。 違憲立法阻止とはいえ、皆、ギリギリ言論の府を守っている。

とツイートした。

これに対し、
「小西の暴力の瞬間、証拠画像はこちらです。 【論より証拠】」
「佐藤議員の腕つかんでますよね? なんでウソつくんですか?」
と、「触れていない」との主張を否定するツイートが行われ、次々に画像や動画が貼られるなどして炎上状態となった。

その後、採決が行われた後に小西議員は



強行採決され無念。採決は、委員長が手元の議事次第を読み上げマイクに吹き込み、成立する。従って、私は、違憲立法を阻止するため、マイクと議事次第の確保を努めました。最後は、与党議員のスクラムの上から議事次第を取りに行きましたが、誰にも暴力は振るってないし、また、振るわれてもいません。

とツイート。

「全国ネットのテレビに暴行の模様が流れております。 嘘のツイートはしないでください。」
「今ニュースで小西ひろゆき議員が飛びかかる映像を見ました。 またしてもウソの発言をしています。」
「息をするようにウソをつく(笑)」
と、またも画像や動画が貼られる事態となり、炎上が続いている。

産経新聞の政治部編集委員に『Facebook』で「国会の指さしクイズ王」と書かれたということで刑事告訴に踏み切った、と報じられている小西議員。

「私は、本気で違憲立法を阻止するため、委員長の手元の議事次第を確保に行きました。 マイクは確保できたのですが、本当に無念です。申し訳ありません。」
「複数の方から、強行採決の混乱の中で、私が誰かから殴られたのではないかと心配を頂きましたが、下から二人がかりで引きずり降ろされたタイミングと、丁度重なって見えるだけでした。御心配有り難うございました」

ともツイートしている。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP