ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

原発「安全厨」と「危険厨」の論争に見る「想像力」の限界

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
planets

 個人と国家、市民と社会、日常と非日常、安全と危険…。物事を理解する上で二項対立的な図式は非常に分かりやすい。だが、その分かりやすさが我々の「想像力」を奪っているのかもしれない――2011年4月27日放送の「ニコ生PLANETS 5月号『震災後の想像力―3.11と日本社会』」では、原発「安全厨」と「危険厨」の論争が話題になる一幕があった。(「~厨」は、ある事象や考えを信奉する人を指す際などに用いられる言葉)。

 環境情報研究者の濱野智史氏は、2ちゃんねる以外の「真面目」なメディアでも、とにかく原発は危険だといういわゆる「危険厨」と、そんなデマに踊らされるなといういわゆる「安全厨」とが、対立に終始していると指摘。

「例えばゲームで言うと、任天堂信者は『ソニーは糞だ』と思っているし、ソニー信者は任天堂を糞だと思っている。原発問題でも初めから立場が決まっていて、皆、(なんらかの)『信者』になっている。日本社会全体として、どう向かうべきか議論できていない」

 と語った。

 これを受けて、評論家の宇野常寛氏は、

「社会には0か1かに割り切れない、わけのわからないものが常にあって、それと付き合っていかなければならないことに対する耐性が、まるでなかったことが露呈した」

 と分析。自身の立場に固執し、相手にレッテル貼りをするだけのいわゆる「厨」を評して、「『結論を出して安心したい』という焦りみたいなものが、今の日本の言論空間を一番混乱させているんじゃないのかな」と語った。

 宇野氏はまた、

「今回の震災で明らかになったのは、こういう事態が起きたときには、今あるリソースをどう活用するかが問われるということ。そういうときには、原理論ばかりをふりかざして、テンプレ的な批判を繰り返しても話はまったく進まない。中間的なものを考える想像力の不足を感じる」

 とも述べ、相反する2つの物をつなぐ「中くらいのもの」への想像力が必要ではないかと語った。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「危険厨」「安全厨」部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv41240102?ref=news#0:31:20

(野吟りん)

【関連記事】
復興支援ボランティア情報を検索 新サービス「ニコニコボランティア」始動
警戒区域から避難準備区域へ避難する人たち 「まるで放射能難民」
小沢一郎氏が語る「脱原発に向けて行動するのがリーダーの責任」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。