ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

エースコックの『こぶた』50歳に「アラフィーの魅力に磨きかける」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エースコックは、同社キャラクターの『こぶた』が生誕50周年を迎えたことを発表した。『こぶた』はエースコックが即席めんの製造を始めた1959年より、『ワンタンメン』『スーパーカップ』などの商品パッケージなどにおいて、企業キャラクターの商標として活躍してきた。今後とも「アラフォーならぬアラフィーの魅力に磨き」をかけ、エースコックのスローガン「じゃんじゃんウマイをつくるのだ」を伝えるメッセンジャーとして幅広い活動を展開していくという。

エースコックの商標に『こぶた』が選ばれたのは、ラーメン発祥の地である中国において、ブタの多産にちなんで“円満と繁栄の象徴”とされていることや、ヨーロッパはじめ世界各地においても幸福のシンボルとして親しまれていることから。コック服を着て片手にフライパンを持つ『こぶた』もまた、関西企業キャラクター人気調査で上位にランクインするなど、長きにわたって愛されてきている。

『こぶた』の詳しいプロフィールはこちら。

名前:こぶた
生年月日:1959年(昭和34年)4月
性別:オス
出身地:大阪
職業:コック
得意料理:ラーメン
特徴:いつもフライパンを肌身離さず持つ

ちなみに、初代はすこしほっそりめで“れんげ”のようなものを手に持っていたのだが、フライパンを持つようになったのは1960年の2代目からだ。現在は、1963年に登場した4代目で、白衣に蝶ネクタイとコック帽の“A”マークが特徴だ。2001年に、一度3代目と交代したものの、2005年からは4代目が再登場して現在に至っている。キャラクターにも歴史あり、どこかで『こぶた』を見かけたら50歳を祝ってあげよう(このニュースの元記事はこちら)。
 
 

■こんなラーメンの記事もあります
“マルちゃん”の東洋水産『二度おいしいらーめん』『俺の塩たらこ味』など4種類を新発売
ツンツンからデレデレまで!『広島風萌え燃えつけめん』実食レビュー
【試食レポート】納豆専門店が作った『納豆ラーメン』の驚くべき味!
【発売前レビュー速報】日清『カップヌードル』の『コロ・チャー』はヤバい美味さ!
【たべものレビュー】インスタント焼きそば『サッポロ一番 男の焼そば 極太硬麺』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。