ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

バンナムが独自のAndroidアプリマーケット『バナドロイド』公開へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

バンナムが独自のAndroidアプリマーケット『バナドロイド』公開へ

バンダイナムコゲームスは、Androidスマートフォン向けアプリの配信、課金、ユーザー管理を行う独自のアプリマーケット『バナドロイド』の開発を発表しました。アプリ配信サイトとして2011年夏にベータオープン、秋に正式オープンを予定しています。

自社でアプリの配信、運営、課金システムまで一元管理することで、事業のスピード化を図る考え。家庭用ゲームソフトやキャラクターコンテンツとの連動が容易になることから、家庭用ゲーム機とスマートフォンなどプラットフォームを越えたマルチメディアでのプロモーションを展開していくとのこと。

Googleのアプリマーケット『Androidマーケット』のほか、KDDIの『au one Market』、NTTドコモの『ドコモマーケット』、NECビッグローブの『andronavi』など、国内でもGoogle以外に独自のアプリマーケットが開設されています。バンナムは自社のゲームや壁紙に特化したマーケットを開設することで、ユーザーが分かりやすく、探しやすい環境を用意する考え。

サイトイメージ

サイトイメージでは『リッジレーサー』や『太鼓の達人』、『塊魂』『パックマン』『ゼビウス』といった人気ゲームがラインアップされていますが、これらのAndroidアプリや壁紙が今後登場するのでしょうか。人気コンテンツを抱えるゲームメーカーが独自のアプリマーケットを開設する動きは今後増えていきそうです。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。