体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

煙が出ずにニオイもつかない!? フィリップ モリスの加熱式たばこ『iQOS』を試してみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

言わずと知れた世界的なたばこメーカー、フィリップ モリスが、革新的な加熱式たばこ『iQOS』を開発。専用たばこ『マールボロ ヒートスティック』と共に2015年9月1日から世界に先駆けて日本で順次全国展開していくことが発表されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『iQOS』は、フィリップ モリスの研究開発部門が2008年から2014年にかけて「喫煙関連疾病を発症するリスクを低減する可能性のある製品」の開発と、紙巻たばこと比較したリスク低減能力の科学的実証のために、20億ドル以上を投資して生まれた加熱式たばこ。

2015年8月26日に都内で開かれた発表会で、『iQOS』ディレクターのアショック・ラモハン氏は、「これは電子たばこではありません。本物のたばこ葉を使用し従来のたばこと同じ味覚や満足感を味わうことができます」と強調。また、「『iQOS』で加熱した『ヒートスティック』から出るたばこペイパーに含まれる有害性成分の量は、紙巻たばこの煙に含まれる量に比べて大幅に削減されています」と、成人喫煙者の健康リスクの低減の可能性があることを示しました。

また、世界に先駆けて日本での展開をする理由については「清潔感に対する意識が強く、周囲に気を使う習慣があり、テクノロジーへの関心が高い」ことを挙げ、名古屋で10か月間に渡って実施された限定販売で好意的な評価を得たことも、全国展開につながったとしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて登壇した『iQOS』マネージャーの須賀忠徳氏は、製品の特徴について「火を使わない」「灰が出ない」「ニオイが少ない」「たばこ葉本来の味わいを得ることができる」と説明。特にニオイについては、屋内でも周りの人に不快な思いにさせにくく、服や髪にニオイがつきにくいといい、「より多くのシーンでたばこが楽しめます」とアピール。

『マールボロ ヒートスティック』は4銘柄を発売。名古屋に続き、東京・表参道と大阪・心斎橋に『iQOS ストア』をオープンし、電話やメールでのサポートのほか、全国63か所の提携たばこ店を“iQOSサービスステーション”として問い合わせの体制を準備。北海道・宮城・東京・千葉・埼玉・神奈川・広島・愛知・大阪・京都・兵庫・福岡の12都道府県で9月1日より発売し、ここから発売地域を順次拡大していくとしています。また、『iQOS』の専用サイトでも購入可能です。

メーカー希望小売価格は、『iQOSホルダー』『ポケットチャージャー』とアフターサポートを含めて9980円。『マールボロ ヒートスティック』は1パック(20本)460円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近未来的なデザインの『iQOSホルダー』と『ポケットチャージャー』。ホルダーの充電は約6分ほどで利用できる状態になるとのこと。また、最長90分でフル充電された『ポケットチャージャー』は、ホルダーを約20回再充電できるといいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。