体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米エネルギー省NNSAの空中測定システムの動画公開「なぜか海外から来る放射線汚染情報の不思議」 

NNSA空中計測システム(ヘリコプター)

(図1:空中計測システム紹介動画より)

●いまだ正式な汚染予測を公開できない日本政府

原発事故から一ヶ月経過したが、日本政府からは放射能汚染のシミュレーションや将来予測などはいまだ正式に発表されていない。記者の知る限り3月23日にSPEEDIの試算が一度発表されたきり(他にあればコメント欄で補足お願いします)。(4月18日追記: 4月10日におこなわれた「第22回 原子力安全委員会臨時会議」の添付資料にSPEEDIによる資料が添付されていました) そして現在、文科省等の各機関や有志から発表される測定値のとりまとめ、グラフなどの可視化に関してはボランティアベースで動いている方々に頼っている状況だ。私たちはそれらの情報をインターネット経由で見てそれぞれ判断するしかない。さまざまなデータを用いて予測に役立てればよいのでは、と思うのだが、それらは「正式な情報」としては認められないものもあるのか、それらの情報を用いた予測・分析は公式に発表されていない。また、大手メディアも板挟みで、ボランティアベースでとりまとめられた情報があることは知りつつも、大きく採り上げることは難しいようだ。しかし、1ヶ月経過しても出てこない日本政府からの公式なシミュレーションをこれ以上待つわけにはいかない。国内有志が発表し、専門家の方々からボランティアの方々までがとりまとめた情報や、これら海外からの情報を総合して、政府だけに頼らない分析や情報共有が必要な段階と言ってもよいのではないだろうか。

NNSA空中測定システム固定翼機内部

(図2:空中計測システム紹介動画より)

●米国調査機関の空中測定システムの紹介動画公開

そんな中、原発周辺の汚染状況について詳細な測定をおこない、情報を公開している米国家核安全保障局(NNSA)。米国では国が率先して情報を収集し、その時点でわかった事実を順次ネット等を通じて発表してくれるようだ。それがたとえ米国外の他の国の事故であっても。このNNSAが福島原発周辺の空中測定をおこなった際に用いた空中測定システムと同様のものを動画で公開している。そのまま日本で使われた機材ではなないとのことだが、同様のものが使われているらしい。

NNSA空中測定システム固定翼機外観

(図3:空中計測システム紹介動画より)

米エネルギー省を通して、計測された情報が一部公開されたり、フランスの機関IRSNがそれらのデータを用いて年間の推定被曝量を示した地図を公開したりしているが、このシステムを使って収集した情報を利用しているとのこと。空中測定は、原発周辺地域をくまなく飛行しながらおこなわれるようだ。動画ではヘリコプターと固定翼機が登場している。また空中測定とあわせて、地上からの測定もおこなわれているらしい。システム紹介とは別に、33名からなるNNSAのチームが機材を積込み日本へ出発する様子も動画で公開されている。

NNSA発表資料(4月7日)より

(図4:NNSA4月7日発表資料より。地上及び空中測定結果)

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会