体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年も“名言”誕生なるか? 激戦の裏側動画で『鳥人間コンテスト』のオンエアに備えよ!

エンタメ
tori

長きにわたり“空を飛びたい”という人類の夢に挑戦してきた『鳥人間コンテスト』。第38回を迎える今年は、9月2日(水)にその激戦の模様がオンエアされます。

『鳥人間コンテスト』と言えば自作の人力飛行機で競い合う飛距離やスピードの成績だけでなく、やはり参加者たちのアツい人間ドラマも魅力のひとつ。飛べなかった先輩の悔しさ、メンバーの期待、空への憧れなど、様々な思いを背負って飛行するパイロットたちの姿は、番組放送のたびに我々の胸を打ちます。

動画配信サイト『GYAO!』では現在、そんな『鳥人間コンテスト』を何倍も楽しむことができるよう、オンエアに収まりきらなかった熱戦の裏側映像などを6本連続で無料配信中。

tori_1

飛行機制作に納屋を貸してくれた祖父母を喜ばせたい! 見たことがない飛行機で空を飛びたい! 記録や順位だけではない、それぞれの“飛ばなきゃならないワケ”に迫りつつ、今年の注目チームに迫る動画。

tori_4

「これがいわゆる竹生島の引っ張りってやつか?」「これでただの人に戻ったよ」などの語録がネットでも話題となった東北大学・宮内空野氏を始めとする、魂のコックピットカメラ集

tori_2

その他、歴代記録トップ8を独占する“みたかもばら下横田”のパイロット・大木祥資氏のヒミツに迫ったり、琵琶湖で見つけたミス&ミスター鳥人間を紹介する動画など、これをチェックすれば9月2日(水)の番組放送も見方がきっと変わるハズ。

本編4

聞くところによると、今年は稀(まれ)に見る好天に恵まれて超ロングフライトが続出したとのこと。『鳥人間コンテスト』をよりディープに、マニアックに楽しむなら、『GYAO!』の無料動画を要チェックだ!

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会