ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レポート】「長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓」にアラサー女3人で行ってきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


22、23日に静岡県富士宮市・ふもとっぱらで開催された「長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓」。2004年8月に鹿児島県・桜島で行われたライブ以来11年ぶりのオールナイト公演という事もあり、大きな注目を集めました。

無事公演が終了した今も、演出、セットの豪華さや、観客の盛り上がり、屋台が豪華! といった会場環境に関する事、そして帰宅に長時間かかってしまった事などが、ネット上でまとめられ話題となっています。

実は、筆者もプライベートでこのオールナイト・ライヴに参加してきたんです! 結論から言うと、超楽しかった! リアルタイムの会場の様子などは、Twitterなどですでにご覧になっている方も多いかと思いますので、「アラサー独身女3人は長渕剛10万人オールナイト・ライヴをどう楽しんだのか」という観点から、ゆるふわレポートをお届けします。


まずは車で東京から河口湖までGO! 車中ではもちろん長渕剛の楽曲を聴いたり、DVDを流して気分を盛り上げます。ちなみに、この日流したDVDは『長渕剛 YAMATO 大和魂』。2005年11月に日本武道館で行なわれた長渕剛「LIVE TOUR 2005 YAMATO」のファイナルライブでの映像はもちろん、インタビューも大充実でオススメ。


河口湖駅からはシャトルバスに乗り込み、会場へ。会場が山という事もあり、筆者は「フジロック」に行く時と同じ装備で行きましたが、周りの人は思ったよりも軽装な印象。中にはワンピースにヒールのサンダルという女性もいて、人ごとながらハラハラしちゃいました。

ちなみに筆者の装備は以下の記事で紹介した、椅子、レインケープなどなどをリュックにつめこんで。今回のライヴは「缶・瓶・アルコールの持ち込み禁止」だったのですが、ソフトドリンクやお菓子などは持ち込みOKでした。私のリュックは大容量だったので、一日分のお水もバッチリ入って楽チンでしたよ。

【関連記事】ズボラ女子必見! 重い・どこで買えば良いか分からない“フェスグッズ”は全てAmazonでそろう
http://getnews.jp/archives/1097080 [リンク]


会場に着いたのが16時前。21時のライヴスタートまで時間があるという事で、まずはまったりビールとご飯を楽しみました。


いい天気! 山に囲まれているだけあって、空気が涼しくて気持ち良い!


レジャーシートを敷いてくつろぐのも最高ですが、椅子があると荷物を置けたり、ちょっとぬかるんだ地面でもOKなのが嬉しい。小さい物なら1,000円以下、そこそこしっかりした椅子でも1,500円あれば十分買えますから、絶対あった方が良いです。


かなり手ぶれしちゃいましたが、佐野ラーメンを食べました。今回のライヴには多数の屋台が出店していたのですが、どれも価格が良心的で、餃子、ソーセージ、豚テキ……たくさん食べちゃいました。ビールも500円というのは、こうしたライヴイベントやフェスに行った事がある人なら、お得! って思いますよね。


ライヴ前に、赤バンダナ+サングラスの“長渕剛OLD STYLE”にチェンジ。オフィシャルグッズの「花冠」も早々に売り切れたという事もあり、女性ファンも多いのだなあと。特に、40代くらいの女性が多かったのですが、60、70代の方もいて(オールナイト大丈夫かなあ)とちょっと心配してしまったものの、その元気さにアラサーの筆者も負けてられないな! と思いましたよ。

あと、これまで色々なライヴ、フェスに参加してきた中でも、一番色々な人に話しかけられました。「そのご飯どこで買いましたか?」とか、「カメラのシャッター押してください」とか。「クラッカー余ってませんか?」とか(長渕剛さんの公演では『勇次』の演奏時にクラッカーを鳴らすのが定番となっている)。


そして、大興奮のライブスタート! そのセットの豪華さが「要塞かww」と話題になっていたわけですが、光と映像の演出も素晴らしかったです。

ふもとっぱらに集うファンだけあって、コール&レスポンスもばっちり! とはいえ、筆者の様なライトファンにもたまらない名曲、定番曲の数々もしっかり演奏してくれて、感動しまくり。


なんていったって、会場が富士山麓ですから! 景色が抜群なわけです。ライヴの佳境、だんだん空が明るくなってくる様子に感動。「太陽を引っ張り出せ!」(興奮していた為、もしかして「引きずりだせ」かも。すみません…)と長渕さんが叫んだ瞬間はもう、超感動!


オフィシャルグッズの「剛水」も朝日に輝いているぜ……!


完全に太陽がのぼると、こんな景色。昼間から夕方、夜から朝、色々な山の表情を見る事が出来たのも楽しかったです。

ライブ終了後は、各ニュースでも話題になっているとおり、帰宅にかなり時間がかかりました。規制退場の最初の方に出れた筆者でも、河口湖駅に着いたのが正午なので、ライブ終了が6時過ぎだとして約6時間。これはさすがに疲れましたが、逆に言うと、これまで「しんどいな」と思う出来事が無かったんです。それまでがかなりスムーズだったので(グッズや売店には並びましたが、イベントってそういうものだと思っているので)、特にしんどく感じてしまったのかも。

もちろん、筆者が待っている間にも「疲れた〜」とか「まだバス来ないの!?」といった、不満の声も聴こえてきましたが、そこまでのパニックは感じませんでした。これは筆者が最初の方に出られたからかもしれませんが、17時近くに会場をやっと出られたという知人も「疲れたけど、ライヴが楽しかったから大丈夫」と言っていて、意外と筆者や知人の様な人も多かったんじゃないでしょうか。


無事、河口湖駅に着いてからは、日帰り温泉に寄って、うなぎを食べて、プチ旅行気分も楽しみ帰宅。長時間で体力は使いましたが、とても楽しいイベントでした。

ネットでまとめられた自分以外のユーザーのツイートや、レポートを読んでおもしろ可笑しく楽しむのも良いかもしれないし、都合や事情で現地に行けない方もいると思いますが、やっぱりイベントは自分で体験してこそ! ネットの情報じゃ伝わらない、笑いも涙もあるんですよ! と伝えておきたいです(と、ネット媒体で書いている矛盾もありますが)。こんな風にゆるくライヴを楽しんだ人もいるんだよという事で、しめさせていただきます。長渕剛さん、スタッフの皆さん、ファンの皆さん楽しいイベントをありがとう!

ちなみに、お酒を飲んでワイワイしている時に、オフィシャルDVDのカメラマンさんに撮影され、キャッキャ騒いでいたら「あの……皆さんの後ろの富士山を撮影しているんです」と言われた事は赤面でした。セイッ!

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP