ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1号機格納容器内「放射線量が急上昇」は計器の故障だった?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

1号機格納容器内「放射線量が急上昇」は計器の故障だった?
※画像はatmc.jpより引用
※追記:4月9日6時の発表で、1号機格納容器の放射線量は「計器不良」となり、数値の発表が中止された。現在、1号機格納容器内の放射線量は不明。

●1号機格納容器内計測値「100シーベルト/時」に急上昇も「機器の故障ではないか(東電)」

4月8日。原子力安全保安院発表のプラント関連パラメータに関する資料で、1号機格納容器内の放射線量が急上昇したことを示す計測値が発表された。1号機の放射線量を計測する機器は不安定だといわれており、この急上昇を示すとされる計測値が果たして正しいものかどうか、ネットでは議論がおこなわれていた。18時30分、東京電力は会見をおこない、記者の質問にこたえる形で「この計測値は、機器の故障ではないか」と述べた。会見の相当部分は以下のようなものだった。

東京電力記者会見(4月8日18時30分)
※時刻は、会見中継のニコニコ生放送の録画版上の経過時間。

●37分25秒( http://live.nicovideo.jp/watch/lv45957884#37:25 )

記者:1号機の放射線量の数値が100シーベルト/時間となっており、かなり上がっている。これはなぜか。

東電:1号機のいわゆるCAMS(編註: 格納容器内の様子を知るための計測器類)の線量計につきましては、このところずっと値の変動をみています。多少ふらついているということがわかっておりますので、今回100シーベルト/時間と検知、指示値がでておりますけれども、なんらかの計器の故障がおこったのではないかと判断しております。

記者:この数字、100というキリのいい数字なんですけれども、100以上まで計測できるのでしょうか。

東電:ちょっと調べてみます。

(しばらくして)

●47分20秒( http://live.nicovideo.jp/watch/lv45957884#47:20 )

東電:さきほどの質問にお答えさせていただきますけれども、まずそのCAMSの放射線モニターがどこまではかれるかというご質問ですけれども、10の5乗ですので…10万シーベルトまではかれる計測器でございます。

※記者質問は要約。東電回答はできるだけ忠実にテキスト化しました。

●経過を注視
この出来事は、ネットではそれなりに注目されていた。しかし、東電会見では1時間30分ほどの会見の中で関連質問は上記だけだった。
故障ということであれば、今後この1号機の計測値はあまり信頼できないということなのだろうか。その後の数値の動きにも注目が集まっている。

●原子炉温度や圧力などの変化
放射線量以外の計測値にも目を向けてみると、原子炉圧力は上昇してきており、温度も上昇の兆しをみせている。関連はないのだろうか。グラフ化を試みているatmc.jpさんのグラフのうち、放射線量、原子炉温度、原子炉圧力、収納容器圧力の4つを並べてみた。これらが今後どのように変化するのかという点についても注目したい。

1号機の放射線量、原子炉温度、原子炉圧力、収納容器圧力

保安院記者会見(4月8日18時30分)
※時刻は、会見中継のニコニコ生放送の録画版上の経過時間。
保安院会見についても、同様に、関連部分をテキスト化した。

●18分50秒( http://live.nicovideo.jp/watch/lv45946309#18:50 )
記者:1号機の給水ノズルの温度、引き続き調査中とのことですけれども、この原因は。

保安院:不連続な、ピンとはねあがった感じなもんですから、地震による誤差的なものではないかという風に推測しております。、それ以上はまだわかっておりません。落ち着いて、どうなってくるかを見て、考えたいと思います。

(中略)

記者:関連して、1号機のCAMS(編註: 格納容器内の様子を知るための計測器類)に関してなんですけれども、これについてのご見解をいただきたい。

保安院:CAMSのデータも、ピンとやはりはねあがった状態になっていて、場合によってはCAMS自体も壊れてしまったのかもしれませんし、データとしては考えにくいものなので、もう少し様子を見ないといけないと思います。

※記者質問は要約。

●その他のグラフ
発表情報を元につくられた他のグラフもあります。「計測値が安定していない」と東電・保安院が説明する1号機の放射線量。
http://toofuya.blogspot.com/ より引用
(画像 http://toofuya.blogspot.com/ より引用)

※その他、ガジェット通信サーバー上の記事下には関連するリンクをまとめたので、こちらも参照してください。


【関連資料リンク】
●グラフ
Fukushima Dai-ichi Nuclear Plant Parameters
http://toofuya.blogspot.com/

福島原発 1号機 / 福島原発原子炉の状態 原子炉の放射線量
http://atmc.jp/plant/rad/?n=1

hatakeyama motohiko(拡散予測、プラント・パラメータなど)
http://hatakeyama-motohiko.blogspot.com/

●まとめ
Togetter – 「4月8日:東電福島原発第1、1号機 CAMS(格納容器内の放射線量)上昇値に関して」
http://togetter.com/li/121239

Togetter – 「福島第一原発1号機格納容器4月8日放射線量急上昇の考察」
http://togetter.com/li/121476

●中継・録画(タイムシフト)
【4/08・18:30開始】東京電力本店より『原発』に関する記者会見 – ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv45957884

【4/8・18:30開始】経済産業省 原子力安全・保安院 記者会見 – ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv45946309

●ブログ
一号機のCAMSは、振り切れているのではないでしょうか?
http://blog.goo.ne.jp/pegix7/e/b8d6558417eccbdefe79ceb25520c744

●資料
報道発表(METI/経済産業省)、地震被害情報及び現地モニタリングなど
http://www.meti.go.jp/press/index.html

■関連記事
【消せば消すほど増殖中】ミュージシャン斉藤和義さん本人?が「ずっとウソだった」と自身の歌を替え歌に
ライブカメラが見つめ続けた福島第一原発事故
東京電力が放射線量測定データを「使いづらく」している理由
「こだまでしょうか」ACのコマーシャルに登場する 金子みすず の詩と背景について「いいえ、誰でも」
責任放棄?日本気象学会理事長コメントから見る「放射性物質の拡散予測が出てこない理由」

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。