ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今後発売されるAndroidスマートフォンではプリインストールされるGoogleアプリが少なくなるかも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android スマートフォン・タブレットの多くには様々な Google 製アプリがプリインストールされているのですが、今後は今よりも少なくなるかもしれません。Android Central によると、Google は最近、端末メーカーに対して必須にしているプリインストールアプリの要件を緩和し、必須アプリから Google+、Google Play ゲーム、Google Play ブックス、Google Play ニューススタンドを除外したそうです。Android 端末で Google Play ストアや Google アカウント、Google Play 開発者サービスといった Google のコアサービスを利用するには Google によって認定を受ける必要があり、その条件としていくつかの Google アプリをプリインストールすることが必須でした。そういうわけで既存の Android スマートフォン・タブレットの多くには様々な Google アプリがプリインストールされています。要件を緩和した理由は不明ですが、これによって端末メーカーは上記の Google アプリのプリインストールを独自で判断できるようになります。プリインストールしないと決定した場合には、これまでのよりも少ないアプリ数で発売されることになります。既に Samsung は Galaxy Note 5 で Google+ のプリインストールを止めています。もちろん、Google アプリは Google Play ストアから追加できます。Source : Android Central


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Sense Homeのテーマ機能がグレードアップ、テーマの編集が可能になり、「人気」タブも追加
“デュアルセルフィーカメラ”を搭載した「Lenovo Vibe S1」の実物写真
ヤマハ発動機、位置情報ゲーム「RevQuest」をリリース、3チームで陣取り合戦

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP