ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

福島の原発周辺地域は「”オラが街”が東京を支えているという感覚だった」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
mura

 社会学者の開沼博氏は、2011年4月5日のニコ生トークセッション「『原子力村』とは何か? ゲンパツ行政を考える」に出演し、原子力発電所を受け入れ、共存してきた地域としての「原子力”ムラ”」の現実について語った。開沼氏は、2006年から故郷・福島県の原発をテーマに研究を続けており、これまで原発立地を支えてきたのは「オラが街が東京(の電力消費)を支えているんだ、という感覚だった」と語った。

 漢字の「村」を用いる「原子力村」は、現在、環境エネルギー政策研究所(ISEP)の所長を務める飯田哲也氏が、1997年に雑誌のなかで初めて用いた。番組に出演した飯田氏によれば、原発行政に関わる「大学、産業界、国、電力(会社)という4つの立場」を合わせて「原子力村」と名付けたという。司会の武田徹氏はこれを、「硬直的、閉鎖的な原発行政を揶揄する言葉」であると説明する。

atmic0

 一方で開沼氏が原子力「ムラ」と表現するのは、自身の故郷でもある福島県の、まさに原発の立地地域のことだ。開沼氏は、「原子力 明るい未来のエネルギー」「正しい理解で豊かなくらし」などのスローガンが書かれた街中の看板や、「アトム」という名前の付く店舗などを紹介。原発付近の駅では、原発の鉄塔の絵柄をあしらった「原子力もなか」が販売されているという。開沼氏は「これを作っていたから原子力を愛していたのかというと、わからない。ただ、事実としてこういう物が並んでいた」と話し、「原子力がブランドになっていた」とした。武田氏も「これらが原発立地の在り方を象徴している」と応じた。

 さらに開沼氏は「1960年頃、貧しい農村地帯に原発建設計画がもたらされた」という経緯を語り、原発立地を支えたのは「『オラが街』が東京(の電力消費)を支えているんだ、最先端の科学技術を行う場なんだ、という感覚だった」と説明した。当然、原発建設のリスクは認知されていたが、一方で雇用創出などの経済効果もあるため、「原発はムラに『都会』をもたらす媒介」として計画段階からすでに「ブランド」化していたと強調した。

ニコ生トークセッション 「原子力村」とは何か? ゲンパツ行政を考える
http://live.nicovideo.jp/watch/lv45223746
(番組はタイムシフト機能でいつでも視聴できる)

丸山紀一朗

【関連記事】
原子力安全委員会の動きが見えないのは「ある意味当然」と枝野長官
「放射線」「災害ストレス」 震災関連書籍、ネットで無料公開
ソフトバンク社長・孫正義氏、原発政策の決定に「国民投票」を提案

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。