体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3D非対応のニンテンドー3DS専用ソフト『Cubic Ninja』が話題に

Cubic Ninja

『ニンテンドー3DS』専用ソフト『Cubic Ninja』(キュービックニンジャ)が4月7日に発売されます。『Cubic Ninja』はアクションゲームで、『ニンテンドー3DS』本体を傾けて操作をし、障害物に触れないようにキャラクターを進ませるゲームです。

つまり、モーションセンサーを駆使して操作をするわけですね。モーションセンサーはiPadやiPhoneにも搭載されていますので、同タイプのゲームをプレイしたことがある人もいると思います。

そんな『Cubic Ninja』ですが、モーションセンサーではなく別の部分で非常に注目をあびています。なんと、『ニンテンドー3DS』のゲームでありながら、3Dに対応していないのです。つまり、飛び出しません。

どうせ『ニンテンドー3DS』で出すなら3Dに対応させればいいじゃん! と思うかもしれませんが、どうしてもできない理由があるようです。『ニンテンドー3DS』は正面から一定の距離をもって画面を見ないと3Dに見えません。『Cubic Ninja』は『ニンテンドー3DS』を傾けてゲームを操作するため、たとえ3Dにしたとしても画面の角度がかわって3Dに見えないわけですね。むしろ見にくくなります。

この『Cubic Ninja』に対してインターネットユーザーたちは「うっそーんw」、「とうとう非対応きたあああああ」、「3D非対応きたああああああああああああああああ」、「こういう前例があれば作りやすくはある」と感想を書き込みしています。

画像: キュービックニンジャ公式サイト

■関連記事
猫を売買するのは、そろそろやめたほうがいい
「エサがないニャ~困ったニャ~」と飼い主に伝える猫
見ているだけで癒やされる「雪ではしゃぐニャンコ動画」
ネットユーザー大絶賛! 「転がりっぷり」に定評のある猫
ブルブルふるえるダイエットマシーンの上で寝る猫がカワイイ

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会