体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

田辺晋太郎 「本当にあった旨い店」 第十八回 丸の内 ウルフギャング・ステーキハウス

生活・趣味
Wolfgang's_

もう夜は明けた

 

ウルフギャング・ステーキハウス 二隻目の黒船が錨を下ろした港は東京 丸の内。

 

2013年のアメリカ牛肉輸入規制緩和を受け月齢30ヶ月未満の大きな個体が解禁になった。これは今までよりも安定してアメリカ牛が安価で提供できるという利点もあったのだが、それ以上に我々の心を踊らせたのは「Tとの再会」だった。

 

NYはブルックリンにある一軒のステーキハウス「Peter Lugar Steak House」

 

ここから熟成させた赤身肉のステーキの歴史は始まった。

この店で40年間ポーターを務めたのがこのウルフギャング・ステーキハウスのオーナーであるウルフギャング・ズィナーであり、今からおよそ10年前にマンハッタンに店を出し瞬く間にアメリカ国内にその味を広めた。

 

アメリカという大国の豊かさを体現するのに十分すぎるそのステーキの出で立ちはハワイに訪れる日本人観光客の心を虜にして話さなかった。

 

そんな中、輸入規制緩和を受けその期待の声が黒船を動かす原動力となり、BSE騒動以来日本では出会うことができなかった本場アメリカの「T-BORN」スタイルのステーキ。

 

それを引っさげてウルフギャング・ステーキハウスは2014年に六本木に入港した。

 

「Wの来航」

 

それからおよそ半年、東京の都心の中央である丸の内にまで黒船は進出した。

Wolfgang's_053

これぞアメリカ、まさにNYと言った雰囲気を醸し出す最高のシチュエーションに誕生したウルフギャング・ステーキハウス丸の内店はそこに一歩足を踏み入れたすべての訪問者に一瞬にして非日常を与えられるタイムマシンのような雰囲気を備えていた。

 

むろん日本にも幾つもある高級レストランやデザイナーズレストラン、グランメゾンなども非日常の演出という意味ではその役割を果たすのだが、肩肘を張らずとも非日常を楽しめる、大国を感じることができるのは、きっとこんな雰囲気。

 

カウンターに鎮座する牛、タイルで描かれた「W」がお出迎えしてくれるエントランスを抜ければ数々の極上ワインがいよいよ非日常の世界に来たことを教えてくれる。

Wolfgang's_022 Wolfgang's_023
1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会