体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トンカツの十字陵!その旨さは俺の心で受けとめよう!! @『そば処まる栄』大阪市浪速区

maruei-katu3_R

関西で一番美味いと言われている『そば処 まる栄』のカツ丼を食べに大阪まで来たものの
「カツ丼は売り切れました」
との無情な宣告を受け、泣きながら『親子丼』を食べてホテルに戻った筆者ですが、この程度で諦める訳には参りません。
そして水曜日は『そば処 まる栄』の定休日なので、自分に残されたチャンスは残り一日のみ……。
『喫茶 Y』に行こうとも考えていた筆者ですが、ココは片方を捨てざるを得ないシチュエーションで御座います。どちらもボリューム満点過ぎるので、流石の筆者も連食は不可と判断しました。

『カツ丼』を所望する!!

maruei-katu1_R

結果、とりあえず『喫茶 Y』だと夜のスケジュールまで影響すると言うか、大阪まで来たのに『喫茶 Y』を取材すると確実に丸一日、他に何も食べられなくなるので、ココは経費効果を考慮して『そば処 まる栄』にリベンジです。
今回は絶対に絶対に『カツ丼』を食べたいので、開店直後を狙って訪れてみました。しかし、さりげなく道に迷って着いた時には微妙に行列……。
大丈夫なのでしょうか?

浪速のグランドクロス

maruei-katu2_R

なんとか『カツ丼』のオーダーを通した筆者ですが、あと30分遅れたら危ない所でしたね。
何せ、店内の半分近くの人が『カツ丼』を食べているので、これは昼飯時の12時を回ったら、速攻で売り切れる勢いかと思われます。
結果、この美しい『カツ丼』が今、筆者の目の前にあります……。感無量とはこの事か?
思えばココまでの長い道のりと日々の(略

トンカツが二枚載っている…だと?

maruei-katu7_R

いや、まあ筆者は知ってて訪れたのですが、実際に“十字型”に重なっているトンカツを見ると壮観ですね。
しかも、このロースカツの厚さを見て下さい。これが二枚で“950円”とか神ですか?

maruei-katu6_R

すでに先日『親子丼』を食べているので、この『そば処 まる栄』の卵と玉葱、カエシの織りなす旨さを知っている筆者は武者震いが止まりません。

十字カツのボリュームが半端ない件

maruei-katu4_R

とりあえず二枚目のカツを食べる為には、一枚目をかなり食べ進まなければなりません。
しかし、かなり厚みもあるのでボリューム感がパネェと言うかヘヴィーです……。

maruei-katu5_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。