ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「日本人は”違う”のか?」 震災から分析する”日本人像”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
different.jpg

 東日本大震災発生から2週間ほど経ったが、日本国内のみならず、海外メディアもいまだこの”世界最大規模の震災とその後”を連日トップニュースとして扱っている。欧米では被害の規模や福島原発に関する報道もさることながら、今回の災害から浮かび上がる”日本人像”を分析する記事も多いようだ。今回は米CNN局のウェブサイトに掲載された「日本人は”違う”のか?」という記事と、それに寄せられた米国民の反応をみてみたい。

 記事は、「世界3番目の経済大国を襲った震災は、よくもわるくも、日本という国とその文化に、世界的な注目を集めさせた」「多くの報道の背後にあるのはこの疑問のようだ――。『日本人は”違う”のか?』」とはじまり、日本や日本人の特徴を紹介。「地震後の”秩序”に関しては至るところで取りざたされている」「地震に対する国全体の並々ならぬ”備え”が、被害を抑えた」と評価する一方で、福島原発事故などから「日本人特有の”曖昧な言い回し”と”不利な情報の共有をためらう傾向”」が浮かびあがってくると指摘した。そのほか、歴史的背景や文化的特徴を含め、様々な角度から”日本”を分析している。

 現地時間25日に掲載された同記事には短時間で250件以上のコメントがつくなど、米読者らの関心の高さがうかがえた。特に目立ったのは、今回の震災を、2005年8月末にアメリカ合衆国南東部を襲ったハリケーン・カトリーナと比べるコメントだった。

「いったいなんで、”アメリカ人”とかいう奴らは、カトリーナが来たとき野蛮な動物みたいな行動に出たんだ? 日本人はみなお互いを助け合ってるが、カトリーナのときに列に並んで、バケツを持って瓦れきや残がいを拾ってる奴なんかいなかった」

「彼らは独特だわ。ことによると2万人以上が亡くなったり行方不明になったりしているのに、略奪や暴動やギャング、そして生活必需品の値上がりなんて話題も聞かない。アメリカじゃ、こんなこと……。カトリーナのあと、街がどれだけ無法状態になったか思い出してみて」

 また、日本人の曖昧なもの言いが、原発事故への対応に関して批判を集めていることを承知の上で、「たしかに日本人は素早い判断が苦手だが、時間さえあれば”最高の判断”ができるだろうと思う。日本の車や電気製品をみるとそう感じる」とコメントするものもいた。

【関連サイト】
Are the Japanese different? CNN局ウェブサイト

(古川仁美)

【関連記事】
原子炉損傷で放射性物質が漏れ出している可能性 福島第1原発・3号機
麻生太郎元首相、被災地・福島で相馬市長ら現地スタッフを激励
宇宙飛行士は1日で地球上の半年分の放射線を浴びる

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。