ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【速報】3月25日菅首相会見要旨「内容的に、特筆すべきものはなし」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
官邸ウェブサイトより

3月25日19時30分より菅総理は首相官邸にて会見をおこない、国民へのメッセージを伝えると共に、記者の質問に答えた。
内容的には、特に新しいものはなかった。要旨は以下の通り。

菅首相は冒頭、以下の2点について述べると語り、スピーチをおこなった
1.福島第一原発事故の事態収拾と放射能汚染へのしっかりした対応
2.被災者の方々への支援と復興準備

要点をいくつか挙げます。

●福島原発事故対応に関して
「東電、自衛隊、警察、そして東京大阪からの消防隊が命がけで活動されていることに敬意と感謝」

●東日本大震災被災者支援について
「支援物資はひきつづき充実させる。ボランティアとの連携に関しては『震災ボランティア連携室』をつくり連携する。すべての地域をもれなく支援する」

●福島第一原発事故についての首相見解
「福島第一発電所の状況はまだまだ予断を許す状況には至っていない。極めて高い緊張感を持って
事態にあたっていかなければならない状況が続いている」

●福島原発避難範囲について
原子力安全委員会が中心となって判断、分析した上で指示を出しているもので専門家の見方を尊重した結果である」

●福島原発保障に関して
「農家・酪農家など事業者の皆さんには大きな損害を与えていることに心からお詫びする。確実な保障と支援をおこなうという点で万全を期したい」

●福島原発食物や水への影響に関して
「放射性物質の食物や水などへの影響については自治体と連携してモニタリングの強化をしてきた。得られた情報は迅速に開示し、世界に対しても透明性高く開示してきた。健康に及ぼす情報に関しても開示してきた。」

以上

■関連記事
東電が計画停電のサブグループ発表「25エリアに細分化」
水・牛乳・野菜などの安全性について
ポポポポーン! 動画まとめ MADになった「あいさつの魔法」たち
Androidのマスコット『ドロイド君』のダンスが「キモ凄い」と話題!
どこに寄付をしたら どこにお金が行くのか

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。