ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ご当地ビール】クラフトビール初心者にもオススメ! 六甲山の天然水から生まれた『六甲ビール』をお取り寄せ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


いよいよ夏本番! ビールが恋しくてたまらない時期になりましたね。ビール職人が丹精込めて作り上げる“クラフトビール”が本格的に流行しているここ数年ですが、今回は兵庫県神戸市のビールメーカー『六甲ビール醸造所』から、定番ビール4種類を編集部でお取り寄せしてみました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1056889

六甲ビール醸造所(兵庫県神戸市)


兵庫県神戸市、有馬温泉にほど近い六甲山麓に工場をかまえる『六甲ビール醸造所』。六甲山といえばなんとなく天然水をイメージしますが、もちろんこちらの醸造所でも地下50mの岩盤から汲み上げた新鮮な水を使用しています! 本場ドイツやイギリスなどの伝統的な製法に頼りきることなく、“日本人にとって飲みやすいビール”を一番に意識したオリジナルのレシピで、“神戸スタイル”と呼ばれるようなビールを目指しているのだそうです。


また、ビール作りに欠かせない麦芽は、自社工場で社長自ら創ったという特別仕様の機械でのひき割り。素材から製法までとことんこだわった『六甲ビール』、これは美味しくないわけがありませんね! まずは定番の3種類を飲んでみます。

六甲ピルスナー


まずはじめにいただくのは、『六甲ビール』の中で最も飲みやすいといわれる『六甲ピルスナー』。アルコール度数は5%と一般的。ラベルの明るいオレンジ色が目印です。


ビールの色は薄め。 泡立ちもしっかりしています。


見た目はこれぞスタンダードなビール! といった感じ。キンキンに冷えたグラスでいただきます。

飲んだ感想は……?
・サラッとした飲み口で、夏場は毎日でも飲みたいようなビール。しっかり冷やしてお風呂上がりの一杯として、喉越しを楽しみたいです。柑橘を思わせる爽やかな香りで後味もスッキリ! こってり系の料理の油もさらっと流してくれそう。(30代男性)

・水のようにゴクゴク飲めてしまうので、これはある意味危険です! 六甲山のお水と聞いて、この清涼感に納得。このようなタイプのビールは、特に水の質が味に大きく影響してくるのではないかなぁと思います。夏に飲むなら、迷わずこれを選びたいですね。(40代女性)

・すっきりとした味わいで喉越しのどごしさわやか。ほんのりと麦の甘みを感じます。(20代女性)

六甲IPA


お次は、通常の2倍量のホップを使っているという『六甲IPA』。


“IPA”といえば苦味がしっかりしていてアルコール度数も高いイメージですが、こちらは苦味が控えめで、度数も上のピルスナーと同じ5%。かなり飲みやすく仕上がっているので初心者にもオススメなのだとか。


落ち着いた琥珀色がオシャレな『六甲IPA』。お味はいかに?

飲んだ感想は……?
・香りはとってもフルーティー! 見た目から、しっかりした苦味を想像しましたが意外と軽やかです。苦過ぎないので、合わせる料理を選ばなさそう。色もきれいなので、グラスに注げば一気に食卓が華やかになりそうです。(30代女性)

・ガッツリ苦味が欲しい人には少し物足りないかもしれません。しかし“IPA”の入門編としてはイイと思います。ほんのり甘く、落ち着いた味わい。苦味が悪目立ちすることなく、普段ピルスナーを愛飲している人にとっては、こんな味わいのビールもあったのね! と新たな発見をさせてくれることでしょう。(40代女性)

・飲み口はフルーティーで爽快。のどに心地よい苦味が残ります。ゆっくり余韻を楽しみたいビールです。(20代女性)

六甲ポーター


ローストしたモルトを使用し、香ばしい香りが特徴の『六甲ポーター』。アルコール度数は上の2つと同じく5%です。


『六甲ピルスナー』や『六甲IPA』に比べて厚みのある味わいなので、時間をかけてじっくり飲みたいときにオススメなのだとか。


コーヒーのような見た目ですが、一般的な黒ビールよりも飲みやすいという『六甲ポーター』。気になるお味は?

飲んだ感想は……?
・真っ黒の見た目とは裏腹に、とってもまろやかでコクがあります。燻製のおつまみなんかとじっくり楽しみたい味です。夏はもちろん、冬でもOKな味。1年中楽しめます(40代男性)

・見た目は結構インパクトありますが、飲みやすい! 黒ビールへの苦手意識がある人にこそ一度試してもらいたいです。それほど冷えてなくても美味しいと思うので、料理と一緒でも、会話を楽しみながらでも、焦らずゆっくり楽しめそう。(20代男性)

・ロースト感があり、飲んだ瞬間はガツンときます。しかしほろ苦さがだんだんとほの甘くなり、最後はスッと消えていくので後をひきます。(20代女性)

六甲クリスタルアンバー(六甲ストロングエール)


上の3種類と比べると、明らかに異彩を放つ『六甲クリスタルアンバー(六甲ストロングエール)』。アルコール度数は8パーセントと高めで、通常の2倍の麦芽を使用しているため濃厚なコクを感じられるビールです。


内容量は1000mlと大容量! 実際に持ってみると、かなりドッシリしています。 これはホームパーティーなどでの手土産にも盛り上がりそう!


一人でちびちび飲んで楽しみたいという人もご安心を。しっかりした蓋が付いているので、飲みきれない分は取っておくことができます。


見た目からイメージするよりも苦味は控えめで、アルコール度数の割にまったりとした味わいが楽しめるのが魅力なのだとか。


ボトルには、ビールの原料に欠かせないホップのデザイン。ホップには整腸作用が期待できるほか、麦芽にはビタミンB、葉酸などの成分が多く含まれているのだそうです。暑い時期はついつい飲み過ぎてしまいがちなビールですが、美容健康に嬉しい成分が入っていると知れば余計にグラスが進んでしまいそうですね!

飲んだ感想は……?
・まず変わったボトルに驚き! 外箱もなかなかシブいです。正真正銘の日本のビールという感じ。8%という度数を本当に感じさせないやわらか〜い味わいなので、調子にのってグビグビ飲むとすぐに酔っ払うかもしれません! (20代男性)

・風味も楽しみたいけど、お酒には強いのでアルコール度数もしっかり欲しいという自分にはぴったりのビールでした。『六甲ビール』は全体的にクセがなく、バランスが本当に良いので毎日飲んでも飽きがこなさそうです。なかなか足を運ぶことのない神戸ですが、行く機会があったら是非生ビールで楽しみたい! (30代女性)

・びっくりするほどフルーティー。度数を感じさせない、やわらかい味わいです。パンのようなやさしい甘さを感じます。(20代女性)


全体通してどれもクセがなく、それでいてそのビールのスタイルを生かした美味しさを楽しめる『六甲ビール』。クラフトビール飲み比べが初心者の人も、また、贈り物としても安心して選ぶことができそうです。ウェブ販売や購入可能場所など、詳しい情報は公式サイトをチェックしてみてくださいね!

六甲ピルスナー

■アルコール度数:5%
■原料:麦芽、ホップ
■スタイル:ゴールデンエール

六甲IPA

■アルコール度数:5%
■原料:麦芽、ホップ
■スタイル:IPA

六甲ポーター

■アルコール度数:5%
■原料:麦芽、ホップ
■スタイル:ブラウンポーター

六甲クリスタルアンバー(六甲ストロングエール)

■アルコール度数:8%
■原料:麦芽、ホップ
■スタイル:ストロングエール

公式サイト

六甲ビール醸造所
http://www.rokko-beer.com/index.html[リンク]

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP