体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ご当地ビール】クラフトビール初心者にもオススメ! 六甲山の天然水から生まれた『六甲ビール』をお取り寄せ

六甲ビール

いよいよ夏本番! ビールが恋しくてたまらない時期になりましたね。ビール職人が丹精込めて作り上げる“クラフトビール”が本格的に流行しているここ数年ですが、今回は兵庫県神戸市のビールメーカー『六甲ビール醸造所』から、定番ビール4種類を編集部でお取り寄せしてみました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1056889

六甲ビール醸造所(兵庫県神戸市)

六甲ビール

兵庫県神戸市、有馬温泉にほど近い六甲山麓に工場をかまえる『六甲ビール醸造所』。六甲山といえばなんとなく天然水をイメージしますが、もちろんこちらの醸造所でも地下50mの岩盤から汲み上げた新鮮な水を使用しています! 本場ドイツやイギリスなどの伝統的な製法に頼りきることなく、“日本人にとって飲みやすいビール”を一番に意識したオリジナルのレシピで、“神戸スタイル”と呼ばれるようなビールを目指しているのだそうです。

六甲ビール

また、ビール作りに欠かせない麦芽は、自社工場で社長自ら創ったという特別仕様の機械でのひき割り。素材から製法までとことんこだわった『六甲ビール』、これは美味しくないわけがありませんね! まずは定番の3種類を飲んでみます。

六甲ピルスナー

六甲ビール

まずはじめにいただくのは、『六甲ビール』の中で最も飲みやすいといわれる『六甲ピルスナー』。アルコール度数は5%と一般的。ラベルの明るいオレンジ色が目印です。

六甲ビール

ビールの色は薄め。 泡立ちもしっかりしています。

六甲ビール

見た目はこれぞスタンダードなビール! といった感じ。キンキンに冷えたグラスでいただきます。

飲んだ感想は……?
・サラッとした飲み口で、夏場は毎日でも飲みたいようなビール。しっかり冷やしてお風呂上がりの一杯として、喉越しを楽しみたいです。柑橘を思わせる爽やかな香りで後味もスッキリ! こってり系の料理の油もさらっと流してくれそう。(30代男性)

・水のようにゴクゴク飲めてしまうので、これはある意味危険です! 六甲山のお水と聞いて、この清涼感に納得。このようなタイプのビールは、特に水の質が味に大きく影響してくるのではないかなぁと思います。夏に飲むなら、迷わずこれを選びたいですね。(40代女性)

1 2 3次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy