ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE、中国でハイエンドモデル「Axon Phone」とTencent OSを搭載した「Axon Watch」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTE が中国で新ブランド「Axon」を採用した新型スマートフォン「Axon Phone」と新型スマートウォッチ「Axon Watch」を正式に発表しました。Axon Phone は先日米国でも発表された Axon 第一弾モデルで、5.5 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの液晶ディスプレイや Snapdragon 810 オクタコアプロセッサ、4GB RAM、32GB / 128GB ROM、1,300 万画素 + 200 万画素のツインカメラ、ハイレゾオーディオ再生機能などを搭載しています。中国モデルでは、32GB モデルに加えて 128GB モデルも用意。Micro SD カードスロットを追加(最大 256GB まで)。さらに、本体カラーをゴールドのゴージャスな内容に変更したほか、指紋、虹彩、音声による生体認証のサポートを追加。OS は Android 5.1 を搭載しています。Axon Phone の価格は、128GB モデルが 3,888 元、32GB モデルが 2,699 元です。現在はオンラインで予約受付が行われており、近日中に発売されます。カラバリはゴールドとシルバーの 2 色。Axon Watch は、中国のインターネット大手 テンセントによって開発された「Tencent OS 1.0」を搭載したスマートウォッチで、1.4 インチ 400 x 400 ピクセルのディスプレイ、1.2Ghz クアッドコアプロセッサ、512GMB RAM、4GB ROM、300mAh バッテリー、心拍センサー、モーションセンサーを搭載し、Bluetooth v4.1 をサポートしています。Tencent OS は Android Wear のようなもので、音声とジェスチャーによる操作をサポートしており、スポーツやフィットネスのロギング機能のほか、スマートフォンの着信や通知を転送したり、スマートフォンにインストールした専用アプリを利用することができます。Source : Business Wire


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、約11,900円からのエントリーモデル「Honor 4A」を正式発表
GoogleマップのAndroidアプリがv9.12にアップデート、行動を振り返られる「タイムライン」機能が追加
NTT ドコモ、「dTV 01」の機能追加アップデートを開始、「音楽LIVE配信」に対応など

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP