体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キムチチャーハンって超旨いんじゃね? @神奈川県相模原市『自由軒』

jiyu-kim2

あの横浜にある中華料理の名店『自由軒』が、いつの間にか相模原に進出していました。

しかもチェーン展開では無く、ガチに『自由軒』で働いていた弟さんが出店したので、限りなく横浜の本店と同じ味が相模原で味わえると言う事でして、筆者的に色々と高まった次第です。

と、言う訳で個人的にプッシュしたい相模原の『自由軒』を紹介してみましょう。

『自由軒』の裏メニュー『天津チャーハン』

jiyu-ten6

前回は『天津チャーハン』(800円)を紹介させて頂きました。チャーハンの上に「カニ玉」がONするスタイルで、横浜の『自由軒』では裏メニューでした。

しかし!

それが相模原の『自由軒』では、誰もが食べられるレギュラーメニューになっていました。

正直、全相模原市民が歓喜する案件で、コレを食べずにどうするのって話で御座います。

『キムチチャーハン』大盛りを食す!

jiyu-kim9

そして『自由軒』と言えば『しいたけラーメン』と『キムチチャーハン』と言われるほどでして、やはりコイツらを食べない事には『自由軒』を語れないぞと思った次第です。

ちなみに『キムチチャーハン』(700円)などの炒飯類は、+200円で大盛りにする事が出来ます。

と、言う訳で筆者的には「大盛り」1択で御座います。

『自由軒』の大盛りはブレない!

jiyu-kim6

結果、写真の盛り具合で『キムチチャーハン』の登場です。

ん~

期待通りの盛りっぷりに感激ですね! 『自由軒』は普通でもちょいちょいボリュームがあるのですが、大盛りにすると

「ほぼ2倍」

になると言っておきましょう。普通の店の炒飯はせいぜい50%増しですが、相模原の『自由軒』は100%上乗せなのです。

コレは炒飯好きには堪らないですね。結構、頑張って食べてもまだ半分とかw

jiyu-kim8

ちなみに『自由軒』の店主の腕は、あまりに中華鍋を振り過ぎて、ムキムキに「パンプアップ」されていました。

どんだけ炒飯作るんだよって話ですが、あの厨房の忙しさを見たら納得の筋肉かと思われます。

「美味い中華料理屋の店主は腕がムキムキ」

あると思います!

『自由軒』の炒飯は具が多い!

jiyu-kim3

さらにボリュームだけではなく、その炒飯の美味しさも特筆に値します。

あの豪腕でガコンガコンと中華鍋を振り、大量の御飯と具材を炒めまくります。

とにかく美味しい『自由軒』の炒飯ですが、他店と比べて一番優れているのは「具が多い」ってのがポイントですね。

刻んだチャーシューが大量に入っているので、そこから「滲み出る旨み」が炒飯の味を決めています。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。