ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キムチチャーハンって超旨いんじゃね? @神奈川県相模原市『自由軒』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

jiyu-kim2

あの横浜にある中華料理の名店『自由軒』が、いつの間にか相模原に進出していました。

しかもチェーン展開では無く、ガチに『自由軒』で働いていた弟さんが出店したので、限りなく横浜の本店と同じ味が相模原で味わえると言う事でして、筆者的に色々と高まった次第です。

と、言う訳で個人的にプッシュしたい相模原の『自由軒』を紹介してみましょう。

『自由軒』の裏メニュー『天津チャーハン』

jiyu-ten6

前回は『天津チャーハン』(800円)を紹介させて頂きました。チャーハンの上に「カニ玉」がONするスタイルで、横浜の『自由軒』では裏メニューでした。

しかし!

それが相模原の『自由軒』では、誰もが食べられるレギュラーメニューになっていました。

正直、全相模原市民が歓喜する案件で、コレを食べずにどうするのって話で御座います。

『キムチチャーハン』大盛りを食す!

jiyu-kim9

そして『自由軒』と言えば『しいたけラーメン』と『キムチチャーハン』と言われるほどでして、やはりコイツらを食べない事には『自由軒』を語れないぞと思った次第です。

ちなみに『キムチチャーハン』(700円)などの炒飯類は、+200円で大盛りにする事が出来ます。

と、言う訳で筆者的には「大盛り」1択で御座います。

『自由軒』の大盛りはブレない!

jiyu-kim6

結果、写真の盛り具合で『キムチチャーハン』の登場です。

ん~

期待通りの盛りっぷりに感激ですね! 『自由軒』は普通でもちょいちょいボリュームがあるのですが、大盛りにすると

「ほぼ2倍」

になると言っておきましょう。普通の店の炒飯はせいぜい50%増しですが、相模原の『自由軒』は100%上乗せなのです。

コレは炒飯好きには堪らないですね。結構、頑張って食べてもまだ半分とかw

jiyu-kim8

ちなみに『自由軒』の店主の腕は、あまりに中華鍋を振り過ぎて、ムキムキに「パンプアップ」されていました。

どんだけ炒飯作るんだよって話ですが、あの厨房の忙しさを見たら納得の筋肉かと思われます。

「美味い中華料理屋の店主は腕がムキムキ」

あると思います!

『自由軒』の炒飯は具が多い!

jiyu-kim3

さらにボリュームだけではなく、その炒飯の美味しさも特筆に値します。

あの豪腕でガコンガコンと中華鍋を振り、大量の御飯と具材を炒めまくります。

とにかく美味しい『自由軒』の炒飯ですが、他店と比べて一番優れているのは「具が多い」ってのがポイントですね。

刻んだチャーシューが大量に入っているので、そこから「滲み出る旨み」が炒飯の味を決めています。

味付けは中華料理店ならではの「ダイナミックスタイル」で、物凄くアバウトに調味料を入れている様に見えますが、実は長年の経験による「調整」がされているので問題ありません。

キムチが味に深みを与えている件

jiyu-kim4

筆者は料理に関して基本的には「原理主義者」なので、個人的に

「炒飯にキムチってどうなの?」

みたいなスタンスでした。まずキムチが好きって程ではないし、キムチの水分は炒飯的にマイナス要素なんじゃないかなと思うのです。

しかし!

実際に『自由軒』の『キムチチャーハン』を食べてみて、考えを改めました。

「時に、人はキムチチャーハンを食べるべきである!」

キムチが発する水分に関しては、確かに業務用の中華コンロなら何も問題ないかもとは思っていましたが、実はもっと大事なポイントがありました。

「キムチ汁が味の決め手である!」

『自由軒』の『キムチチャーハン』は、より積極的にキムチの水分、もとい「キムチ汁」を使う事で、シンプルな炒飯の味に深みを与えていたのです。

jiyu-kim7

キムチの微妙な「酸味」は加熱する事でほとんど飛び、その辛さと乳酸菌的な何かが炒飯に加わるのです。

まあ、酸味の正体は乳酸菌なんですけどねって話ですが、とにかく通常の味付けでは絶対に達しない「神の領域」に達したと言っておきましょう。

『キムチチャーハン』にスープは必須!

jiyu-kim5

そして『キムチチャーハン』は味付けが濃いがゆえに、多少は汁っ気がないとですね。

そんな時はコレ。

炒飯類を頼むと付いてくる『自由軒』のスープで御座います。

特別に美味しいスープではありませんが、このスープがあると無いとでは雲泥の差です。さらに筆者的にオススメなのは

「最後はスープに炒飯IN」

昔々流行った「スープ炒飯」的な何かを、即興で味わう事が出来るので試してガッテンです。

最後にチョロっとだけ楽しむのがポイントで、言うなれば「茶漬けで締める」みたいな感じで、さりげない所作で完結させるのが肝です。

最初からスープに炒飯を突っ込んだり、あまり大量に炒飯をスープに入れるのは粋じゃないので、レンゲ1杯分だけでさりげなく楽しみましょう。

『キムチチャーハン』 総評

jiyu-ten1

正直、スマンカッタ…

原理主義者なので『キムチチャーハン』には否定的な筆者でしたが、考えを改める所存で御座います。

まあ、他の店でオーダーするかと言われたら微妙ですけどね。

とりあえず『自由軒』の『キムチチャーハン』は、相模原市民なら必食の炒飯であると断言しておきましょう。

若干、そこは『天津チャーハン』と悩むところですが、ぶっちゃけ両方食べておかないと相模原市民失格ですね。

炒飯に関しては並々ならぬ熱い想いがある筆者が、久しぶりに感動する炒飯に出会ったと言っておきましょう。

と、言う訳で『キムチチャーハン』はオススメです。

jiyu-ten2

ちなみに前回よりも微妙に混んで来ている『自由軒』ですが、まだ定休日は決めていないそうです。

あと、大きな御世話かもですが、基本的に飲食店は激務なので、早めに定休日を設定して体を休めた方がよろしいかと存じます。

多くの名店が「店主の体調不良」で閉店したのを見ているので、定休日無しの店は心配で堪りません。

それでは、みなさんも是非『自由軒』に訪れて、美味しい料理を味わってみて下さい。

『自由軒』

神奈川県相模原市 中央区相模原5-11-3

営業時間 謎(聞いたけど忘れちゃった)

定休日 不定休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。