体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真夏のテラスで楽しむベルギービール @『リトルデリリウム』新宿サザンテラス

little-2_R

今回はベルギー料理とベルギービールのお店『Little Delirium』新宿店(以下、リトルデリリウム)の紹介です。

ここ数年でベルギービールの知名度も上がって来て、様々なベルギービールを楽しめる店が増えて来ました。

その中でも本当に美味しいベルギービールを味わって頂く事に、こだわっているのが『リトルデリリウム』なのです。

little-3_R

ベルギーからの航路は一ヶ月以上の時間が掛かり、しかも途中で暑い赤道付近を通過する為『リトルデリリウム』では、全てのビールを「低温コンテナ」で輸送させる事を徹底させています。

これはベルギービールの多くが「酵母が生きている状態」で瓶や樽に詰められている為で、あまり高い温度で輸送するとビールの味や品質が大きく劣化してしまうからです。

ちなみに「ビールを飲むと健康に良い」と言うのは、この「生きたビール酵母」が体に良いからなのです。

『LINEグルメ予約』で予約してみた

lineguru_R

人気のある『リトルデリリウム』は非常に混みあいます。夕方になると常に満席状態なので、ここは確実に予約してから訪れたいところですね。

と、言う訳で筆者も『LINEグルメ予約』なるアプリを初めて使ってみました。

『LINEグルメ予約』は無料なので、サクっと使えるのがポイントですね。

ベルギービールは「テラス」で楽しむ

little-1_R

そしてビールの本場ベルギーでは、昼間から屋外で「ベルギービール」を楽しむ文化があります。

そんな本場の飲み方を楽しめるのも『リトルデリリウム』の魅力です。

little-5_R

この日は天気も良く、まさに「ビール日和」です。こんな日はテラス席で、のんびりとベルギービールを楽しみたいものですね。

little-4_R

『リトルデリリウム』には、お得なセットメニューもあるので、休憩がてら軽く一杯飲むのも一興です。

カフェとしても楽しめる『リトルデリリウム』

little-25_R

ベルギーと言えば、ヨーロッパでも屈指の「グルメ大国」です。

何度も隣国に侵略されたベルギーは、色々な国の文化が混ざり独自の文化を形成しました。

little-26_R
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。