ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真夏のテラスで楽しむベルギービール @『リトルデリリウム』新宿サザンテラス

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回はベルギー料理とベルギービールのお店『Little Delirium』新宿店(以下、リトルデリリウム)の紹介です。

ここ数年でベルギービールの知名度も上がって来て、様々なベルギービールを楽しめる店が増えて来ました。

その中でも本当に美味しいベルギービールを味わって頂く事に、こだわっているのが『リトルデリリウム』なのです。

ベルギーからの航路は一ヶ月以上の時間が掛かり、しかも途中で暑い赤道付近を通過する為『リトルデリリウム』では、全てのビールを「低温コンテナ」で輸送させる事を徹底させています。

これはベルギービールの多くが「酵母が生きている状態」で瓶や樽に詰められている為で、あまり高い温度で輸送するとビールの味や品質が大きく劣化してしまうからです。

ちなみに「ビールを飲むと健康に良い」と言うのは、この「生きたビール酵母」が体に良いからなのです。

『LINEグルメ予約』で予約してみた

人気のある『リトルデリリウム』は非常に混みあいます。夕方になると常に満席状態なので、ここは確実に予約してから訪れたいところですね。

と、言う訳で筆者も『LINEグルメ予約』なるアプリを初めて使ってみました。

『LINEグルメ予約』は無料なので、サクっと使えるのがポイントですね。

ベルギービールは「テラス」で楽しむ

そしてビールの本場ベルギーでは、昼間から屋外で「ベルギービール」を楽しむ文化があります。

そんな本場の飲み方を楽しめるのも『リトルデリリウム』の魅力です。

この日は天気も良く、まさに「ビール日和」です。こんな日はテラス席で、のんびりとベルギービールを楽しみたいものですね。

『リトルデリリウム』には、お得なセットメニューもあるので、休憩がてら軽く一杯飲むのも一興です。

カフェとしても楽しめる『リトルデリリウム』

ベルギーと言えば、ヨーロッパでも屈指の「グルメ大国」です。

何度も隣国に侵略されたベルギーは、色々な国の文化が混ざり独自の文化を形成しました。

中でも「食文化」に関しては「フランス」の影響を強く受けつつも、他の国の料理とのアレンジを果たし、独自に「ベルギー料理」として昇華させています。

特に「デザート」に関しては圧倒的で、日本に紹介された有名なメニューも少なくありません。

と、言う訳でも本場のベルギー料理を得意とする『リトルデリリウム』にも、多くのベルギー料理や菓子があります。

アルコールが飲めない人でも、カフェとして楽しめるのは嬉しいですね。

腰を据えてベルギー料理を楽しむ

『リトルデリリウム』ではベルギービールだけでなく、本格的な料理も楽しめます。

それでは『リトルデリリウム』の代表的な料理を、いくつか紹介してみましょう。

『ベルギー産ビンチェ芋のフリッツ』

やはりビールと言えば『フィッシュ&チップス』ですが、ここはシンプルに『ベルギー産ビンチェ芋のフリッツ』で行きましょう。

『リトルデリリウム』ではソースが選べるので、来る度に違うソースを試してみるのも面白いですね。

筆者は今回、人気の「スィートチリサワークリーム」をチョイスしました。

このサワークリームをフォークを使って、ちょいとチリソースに溶かしてやると良いですね。サワークリームの酸味と、チリソースの甘辛さが絶妙で、フリッツをさっぱりした味にしてくれます。

『リトルデリリウム』のフリッツは本場と同じで、かなり大きくカットしているので、そのまま食べてもビンチェ芋(ジャガイモの品種)の美味しさがダイレクトに味わえます。

そしてビンチェ芋をこの太さでカットしているので、ソースにディップしても「芋の旨さ」が損なわれないのが素敵です。

『ニシンの白ワインマリネ』

こちらもベルギービールとの相性が抜群で、必ず食べたい定番メニューです。

日本で言えば「しめ鯖」のような感じで、さっぱりした一品を求める人には最高の肴になります。

『タルトフランベ』

こちらはフランス「アルザス地方」の伝統料理で、ちょっと見た感じはピザに似ていますね。

生地は薄くクリスピーでトマトソースも無いので、見た目よりもライトなメニューです。

『タルトフランベ』には「フロマージュブラン」と言う、牛の生乳から作る酸味のあるフレッシュチーズを使っています。

今回は贅沢に「ハーフ&ハーフ」でオーダーしてみました。

写真右側が「トラディショナル」と呼ばれるベーシックスタンダードな『タルトフランベ』で、塩漬けの「豚ばら肉」が良いアクセントになり、タマネギの甘さが引き立ちます。

写真左側は「グリュイエールチーズ」の『タルトフランベ』で、よりシンプルに生地とチーズの香ばしい風味が楽しめます。

この『タルトフランベ』は、本場フランスで食べ歩きを重ねた『中島シェフ』の魂のこもった一品で、『リトルデリリウム』に来たら、是非とも食べて欲しい看板メニューですね。

『フレッシュムール貝のホワイトビール蒸し』

ベルギーで一番メジャーな名物料理と言えば「ムール貝」の酒蒸しです。

こちらは「白ワイン」と「ホワイトビール」のどちらを使うか選べますが、やはりベルギーですので「ホワイトビール」を試して欲しいですね。

本当にシンプルにタマネギとムール貝、塩とホワイトビールで調理した『フレッシュムール貝のホワイトビール蒸し』は絶品です。

そして『リトルデリリウム』ではフレッシュなムール貝、つまり「活きムール貝」を使っているのがポイントです。

本当に美味しいムール貝を食べたいのならば、これをオーダーすれば間違いありません。

あえてヨーロッパ産のムール貝にこだわらず、よりムール貝の美味しさを追求した結果、この『リトルデリリウム』では「岩手県三陸産」の、活きているムール貝に辿り着いたそうです。

残ったスープで『リゾット』を食す

そして『フレッシュムール貝のホワイトビール蒸し』の美味しいスープを使って、なんと『リゾット』を作ってもらう事が可能です。

これが美味しいんですよね。

本当にシンプルな『リゾット』ですが、ムール貝の旨みが全て凝縮されています。

ライスは恐らく、スープを煮詰めてから生の米を炊いていると思われ、いわゆる「お粥」ではなく本格的な『リゾット』に仕上がっています。

多種多様なベルギービールを愉しむ

これらの美味しい料理には、やはりベルギービールを合わせて飲みたい所です。

しかし一口にベルギービールと言っても本当に種類が多く、全てを紹介する事が出来ません。なので、ここでは軽くビールの種類を紹介してみましょう。

『ホワイト』

やはり最初の一杯はベルギーらしく、大麦と小麦を使って作られる「ホワイトビール」はいかがでしょう?

「ビールは苦い!」と言うイメージがありますが、ホワイトビールはスパイスやオレンジピールを使った物もあり、爽やかでフルーティーな味わいです。

『ゴールデン』

有名な『デリリウム・トレメンス』などがゴールデンと呼ばれるビールです。ちなみに直訳すると「アルコール中毒による幻覚症状」と言う意味だそうです。

写真は同じくゴールデンの代表格『ギロチン』で、物騒なモノがそのままビールの名前になっています。

グラスの底が真っ赤に塗られているのが、なんともシュールですね。

『アンバー』

その色合いが「アンバー」(赤褐色)なのもありますが、原材料である「モルト」をローストしたビールを指します。

こちらの『パウエル・クワック』もアンバービールで、その特殊なグラスとスタンドは

「馬車に乗りながらビールを飲む為のグラス」

になっています。馬車を走らせる「御者」の腰に、この木製のスタンドをホルスターのように取り付け、馬を操りながら飲む為に作られました。

いや、まず現代的には確実「飲酒運転」なのですが、そこまでしてでもビールを飲む昔の人には脱帽ですね。

(飲む時はスタンドから外して、飲んだら戻すのが正しい飲み方です)

『ダブル』

昔のベルギービールは「修道院」で作られた物が多く、修道院ビールの中で「アルコール6~8%」の濃褐色のビールが『ダブル』と呼ばれています。

写真の『セント・ベルナルデュス・ペーター』も、その中のひとつです。

『フルーツ』

フルーツをビールに漬け込み醸造されたビールです。ビールが苦手な人にも飲みやすいので、何気に人気のあるビールの種類です。

こちらの『デリリウム・レッド』もフルーツビールで、チェリー風味が爽やかな飲みやすいビールになっています。

『リトルデリリウム』 総評

このようにベルギービールは多種多様で、様々な料理やシチュエーションに合わせる事が出来ます。

特にビールの苦みが苦手と言う人には、是非とも『フルーツ』と呼ばれるフルーツ系のビールを試して欲しいですね。ビールと言うよりは「カクテル」に近いので、馴染みやすいと思います。

そして真のビール党には『ゴールデン』などの、ビールらしいビールもあります。『ダブル』などの重厚なビールもビール好きには堪りません。

ちなみにベルギービールは「それぞれのビールに専用グラスがある」と言われるほどで、そのビールの美味しさを最大限に引き出す為に、多様なグラスが存在しています。

(写真はココナッツを使ったビールの為の、ココナッツの殻を使った器)

瓶のパッケージデザインやグラスも含めて「見て愉しめる」のも、ベルギービールの魅力です。

そんな奥深いベルギービールと美味しい料理と楽しめる『リトルデリリウム』に、是非みなさんも仲間と訪れてみて下さい。

新しい「ベルギービールの世界」が、貴方にも広がるかもしれません。

『リトルデリリウム』

東京都渋谷区代々木2-2-1 新宿サザンテラス内

営業時間 11:00~23:00

年中無休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。