体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全米No.1ソーセージ『ジョンソンヴィル』はもう食べた? 日本限定2種類を実食レビュー

ジョンソンヴィル

今年の3月末、アメリカのシェアNo.1ソーセージブランド『ジョンソンヴィル』から、2種類の日本限定製品が登場! 朝食やおつまみというイメージが強いソーセージですが、こちらはディナーのメインディッシュとしても充分活躍してくれるということで人気上昇中です。編集部の食いしん坊スタッフが、気になるお味を確かめてみました。

※すべての画像が表示されない場合はこちらからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/1039676

全米No.1! まるでハンバーグのようにジューシーな贅沢ソーセージ

ジョンソンヴィル

本国アメリカでは様々な種類のソーセージを展開する『ジョンソンヴィル』ですが、今回日本限定で販売をし始めたのは、生タイプのソーセージを家庭でも食べやすいようにじっくりグリルした『グリル・ブラッツ』シリーズ。お肉本来の味を楽しめる『オリジナル』と、ハラペーニョとチリペッパーが効いた『ホット&スパイシー』の2種類です。

ジョンソンヴィル

そのままフライパンで炒めたり、ボイルして食べることの多いソーセージですが、電子レンジでの調理も可能! 食べたいときにすぐ調理できるし、洗い物を増やしたくないときにも便利ですよね!

ジョンソンヴィル ジョンソンヴィル

まずはそのままいただきます。 
かぶりつくと皮が勢い良く弾け、アツアツの肉汁が溢れだします! 豚ひき肉100%というだけあって、まるでハンバーグを食べているかのようなお肉の旨味。お肉の挽き方が粗いためか、歯ざわりがもうプリップリです! これは、市販のソーセージへのイメージがガラッと変わるかも!?

ジョンソンヴィル ジョンソンヴィル

切ってみると肉汁がジュワッ! 冷めてもジューシーです。そのまま食べても充分なのですが、せっかくなのでアレンジして楽しんでみました。

1 2次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。