ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC AeroはWQHD解像度の2.5Dディスプレイを搭載?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今秋に HTC が発売すると伝えられている「HTC Aero」について、WQHD 買蔵度でゴリラガラス 4 ベースの 2.5D ディスプレイを採用している、という情報を海外の WEB サイト HTC Viet が独自のソースからの情報として伝えました。HTC Aero については、HTC One ブランドの新機種として 11 月上旬に米 Sprint で発売されるのを皮切りに、欧州にも投入される。カメラに関してブレークスルーとなるほどの進化を遂げていると伝えられています。詳細は今でも不明なのですが、同サイトによると、HTC One M9+ / E9+ / ME で採用された 2,560 x 1,440 ピクセルのディスプレイを備え、カバーガラスはエッジをカーブさせた 2.5D 仕様になっているそうです。これが事実だとすると、筐体デザインは大きく変わっていると考えられます。2.5D ディスプレイだと、後付のガラスパネルが貼りづらくなっちゃいますね。Source : HTC Viet


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy S6 / S6 edgeの英国モデルのAndroid 5.1.1アップデートを開始
Sony Mobile、Xperia標準動画プレイヤー「ビデオ」を9.3.A.0.4にアップデート、履歴機能が追加
NTTドコモ、SIMロック解除の受付条件を7月13日に変更、条件を「前回のSIMロック解除から6ヶ月」を基準に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP