体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

はぁはぁブログ

今回はまみぺこさんのブログ『はぁはぁブログ』からご寄稿いただきました。

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」
姉さん『Facebook』で事件です! というわけでなんだかお祭り騒ぎになってしまいましたね。ちまたを騒がす“『Facebook』春の垢BAN祭り”について垢BAN*された当事者の私からもさくっとながれをお伝えしておきます。
* アカウントがBAN(banish、追放する)されること

・はじまりはいつも突然
はじまりは突然。朝起きて、いつものようにブラウザをたちあげ、いつものように『Facebook』をひらきました。異変には、すぐに気がつきました。
「あれれー?」
そこには見慣れた画面は表示されておらず「アカウントが停止されています」の文字がどーーーーーーーーんと待ちかまえていたんです‥‥‥‥

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

・警告なしで垢BAN!
もともとあった私のアカウントのアドレスにアクセスすると「リクエストされたページが見つかりませんでした。」という画面に。

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

そう、いきなりまったくなんの警告もなしに『Facebook』のアカウントが停止されてしまったんです。去年『まみぺこ』で登録してからずっと「いいね!」であったかいきもちになったり、友達がたくさんできたり自分の交際ステータスの“交際中”をみるたびにうれしくなったり……そんな『Facebook』ライフを送っていた私でしたが、いきなりの垢BANです。

忙しい人のために説明すると
『Facebook』で友達ができた→一人じゃない→もうなにも怖くない→マミられる
まどかだったら「ひっくひっく……だってあんな垢BANのされかた!!!」と屋上で泣いているところです。マミペコ先輩はマミられたんです。

・実名じゃないから?
しかし一体なぜ。私の垢BANが発覚してからすぐに、『Twitter』では続々と「アカウント停止された!」「僕も!」「私も!」と悲痛な叫びがこだましはじめました。どうやら運営から“実名で登録されていない”と判断されたと思われるアカウントが次々と停止されているみたい。私も『まみぺこ』で登録していたので、実名ではないアカウントでした。

そして、『ホームページをつくる人のネタ帳の』Yamadaさん *1 や『ARTIFACT―人工事実―』の加野瀬さん *2 など他にも有名な人たちが垢BANされてしまったことで騒ぎはどんどん大きくなり、お祭り状態に!!!

*1:Yamadaさん@yamada 『Twitter』
http://twitter.com/yamada_nt
*2:加野瀬さん@kanose 『Twitter』
http://twitter.com/kanose

・しかたないね
ま、『Facebook』は実名登録がルールなのにハンドルネームでやっていたんだから垢BANされてもしかたないですね。「それがルールだ!」と『SAW』のジグソウに言われた気分。「ゲームオーバー!」って言われて扉をバーン! と閉められたような。いや、垢BANだけに「BAーーーーーーーN!」といったところでしょうか

・サルでもできる『Facebook』アカウント復活教室
さてさて、とにもかくにもアカウントを復活してもらわなければ。やりかたはとってもかんたん! みんな! メモの用意はいいかな!

1.ここにアクセスしてフォームを入力
「個人用プロフィールの利用が停止された」 『Facebook』
http://www.facebook.com/help/contact.php?show_form=disabled

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

・メールアドレスを入力
・「はい」「いいえ」を選択
・氏名に実名を入力
・生年月日を入力
・その他のとこは無記入でOK

2.『Facebook』からメールが届く

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

画像を見られない方はこちら
https://px1img.getnews.jp/img/archives/320.jpg

なんだかごちゃごちゃ書いてありますがつまりこのメールに返信してね、ということみたいです。

3.「本人です」って返信する

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

「こんにちはこんにちは! 本人です! よろしくお願いいたします!」
これでおしまいです。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。