ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
はぁはぁブログ

今回はまみぺこさんのブログ『はぁはぁブログ』からご寄稿いただきました。

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」
姉さん『Facebook』で事件です! というわけでなんだかお祭り騒ぎになってしまいましたね。ちまたを騒がす“『Facebook』春の垢BAN祭り”について垢BAN*された当事者の私からもさくっとながれをお伝えしておきます。
* アカウントがBAN(banish、追放する)されること

・はじまりはいつも突然
はじまりは突然。朝起きて、いつものようにブラウザをたちあげ、いつものように『Facebook』をひらきました。異変には、すぐに気がつきました。
「あれれー?」
そこには見慣れた画面は表示されておらず「アカウントが停止されています」の文字がどーーーーーーーーんと待ちかまえていたんです‥‥‥‥

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

・警告なしで垢BAN!
もともとあった私のアカウントのアドレスにアクセスすると「リクエストされたページが見つかりませんでした。」という画面に。

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

そう、いきなりまったくなんの警告もなしに『Facebook』のアカウントが停止されてしまったんです。去年『まみぺこ』で登録してからずっと「いいね!」であったかいきもちになったり、友達がたくさんできたり自分の交際ステータスの“交際中”をみるたびにうれしくなったり……そんな『Facebook』ライフを送っていた私でしたが、いきなりの垢BANです。

忙しい人のために説明すると
『Facebook』で友達ができた→一人じゃない→もうなにも怖くない→マミられる
まどかだったら「ひっくひっく……だってあんな垢BANのされかた!!!」と屋上で泣いているところです。マミペコ先輩はマミられたんです。

・実名じゃないから?
しかし一体なぜ。私の垢BANが発覚してからすぐに、『Twitter』では続々と「アカウント停止された!」「僕も!」「私も!」と悲痛な叫びがこだましはじめました。どうやら運営から“実名で登録されていない”と判断されたと思われるアカウントが次々と停止されているみたい。私も『まみぺこ』で登録していたので、実名ではないアカウントでした。

そして、『ホームページをつくる人のネタ帳の』Yamadaさん *1 や『ARTIFACT―人工事実―』の加野瀬さん *2 など他にも有名な人たちが垢BANされてしまったことで騒ぎはどんどん大きくなり、お祭り状態に!!!

*1:Yamadaさん@yamada 『Twitter』
http://twitter.com/yamada_nt
*2:加野瀬さん@kanose 『Twitter』
http://twitter.com/kanose

・しかたないね
ま、『Facebook』は実名登録がルールなのにハンドルネームでやっていたんだから垢BANされてもしかたないですね。「それがルールだ!」と『SAW』のジグソウに言われた気分。「ゲームオーバー!」って言われて扉をバーン! と閉められたような。いや、垢BANだけに「BAーーーーーーーN!」といったところでしょうか

・サルでもできる『Facebook』アカウント復活教室
さてさて、とにもかくにもアカウントを復活してもらわなければ。やりかたはとってもかんたん! みんな! メモの用意はいいかな!

1.ここにアクセスしてフォームを入力
「個人用プロフィールの利用が停止された」 『Facebook』
http://www.facebook.com/help/contact.php?show_form=disabled

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

・メールアドレスを入力
・「はい」「いいえ」を選択
・氏名に実名を入力
・生年月日を入力
・その他のとこは無記入でOK

2.『Facebook』からメールが届く

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

画像を見られない方はこちら
http://px1img.getnews.jp/img/archives/320.jpg

なんだかごちゃごちゃ書いてありますがつまりこのメールに返信してね、ということみたいです。

3.「本人です」って返信する

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

「こんにちはこんにちは! 本人です! よろしくお願いいたします!」
これでおしまいです。

・そして次の日
復活のお願いメールをした次の日。「復活してるかな?」とどきどきしながら『Mac』を起動すると

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

復活していました! ただいまただいま!!!

・復活しました
「本人です」とメールしたのが2011年2月8日17:57。 『Facebook』からの再開メールが2011年2月9日5:26。約12時間かかった感じですね。身分証明の提出はしなくて大丈夫でした。

・“交際ステータス”も“友達”ももとどおり。“まみぺこのファンページ”ももとどおり。

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

・「ただいまー」に左下爆弾で「おかえりー」が
復活したので「ただいまー」と言ってみたらみんながあったかく「おかえりー」って左下爆弾で迎えてくれてあったかいきもちになったり。

『Facebook』「僕と契約して実名になってよ!」

めでたしめでたし? でも、ちょっと待ってください。これってめでたしめでたしなんでしょうか。

・実名か実名ではないか、どうやって判断するのか
@yteppeiくんの意見にはっとしました。
*******
今後Facebookが普及したと仮定してある程度の時間が経った後に、いわゆるDQNネームを判別できるのだろうかということを考えている。「うちの子供は本名で登録してたのになんでアカウント削除されなきゃいけないのよ!」みたいにならないのだろうか
*******
@yteppeiさんのツイート 『Twitter』
http://twitter.com/yteppei/status/34983227806449664

本当にそうですよね。例えば、本名が『安室玲』の人がいたとして『アムロレイ』で登録していたら『Facebook』の中の人は「えぇ〜い! ガンダムネタはいい!」とか怒って垢BANしてしまうような気がします。

・偽名でもアイデンティティを証明できればOK?
やすゆきさん(@yasuyukima)によると
*******
2007年にUSでも同じように前触れもなく行われていてその時は例え実名とは違う偽名であってもアイデンティティを証明出来る(つまりはその名前でネットの上で通用している場合)のであれば、偽名で構わないという事例があるのね。
http://jonswift.blogspot.com/2007/11/facebook-declares-war-on-blogosphere.html
ネットの中で「オレは〜〜で通っている!」を証明できれば、偽名でもいけるんじゃないかなと思います。
*******
※という事例があっただけでイコール「実名じゃなくてもいい」という意味ではないので注意。
「Facebookの垢バン祭りでオレも考えた。」より引用
http://yasuyukima.typepad.jp/blog/2011/02/facebook_real_or_not.html

なるほど。でも、ネットの中の人がきちんとアイデンティティを証明するってどういうことなんでしょうか。ブログが有名になること? 本を出版すること? 歌手デビューすること? SNSのこの時代に、みんな一人ひとりがネットで発言しているだけではアイデンティティの証明にはならないんでしょうか。

・どこからが有名なのか
『Facebook』の実名主義を批判するつもりはないですし一本芯のとおった対応はすがすがしくさえあります。でも、『ホームページをつくる人のネタ帳の』Yamadaさんや『ARTIFACT―人工事実―』の加野瀬さんのような著名人のハンドルネームを認めないのはどうか。“実名よりもリアルネーム”として価値のあるハンドルネームはOKではないのか。レディ・ガガが垢BANされないのはなぜか? どこからが有名で、どこまで有名になれば偽名でもOKなのか? まだまだ問題は山づみな感じですね。

・名前って不思議です
名前のことを考えていてなんとなく思ったんですけどもしも『人間失格』の著者が“太宰治”ではなく『キュア太宰治サンシャイン』とかだったら大ベストセラーにならなかったかもしれませんよね。なんか本当に『人間失格』な感じがしますもん。逆に、ギャグ漫画家やエロ漫画家は変な名前のほうがやっぱりいいでしょう。だから、「実名主義反対!」だなんて声高に訴えるつもりはありませんがその人がどんな名前で発言するか選択権があってもいいのではないかと思うんですよね。人が名前からうけるイメージについて、ひとつ考えさせられる事件でありました。

『Facebook』垢BAN祭りのくわしいながれは以下からどうぞ。
・「Facebook、春の垢BAN祭りが始まったよ!」 『Togetter』
http://togetter.com/li/98417
・「Facebook終了のお知らせ」『さまざまなめりっと』
http://blog.livedoor.jp/manamerit/archives/65453749.html

“マミられる”の元ネタのアニメのネタバレ記事はこちらからどうぞ。というかまだの方ははやく『まどか☆マギカ』見ましょう!!!
・「『魔法少女まどか☆マギカ』の謎ネタバレ妄想考察まとめ」 2011/02/01 『はぁはぁブログ』
http://d.hatena.ne.jp/Mamipeko/20110201/p1

・追記
驚いたことに、この件の3週間後、再びアカウント停止されてしまったんです。またまた忙しい人のために三行で説明すると
ハンドルネームでアカウント停止→実名でアカウント復活→なぜか実名アカウントが停止されました
……という状況です。( ◕ ‿‿ ◕ )わけがわからないよ。というわけで、「本人です」というメールを『Facebook』に送りました。

「『Facebook』「実名アカウント停止の理由は教えられません」」の記事につづきます。

執筆: この記事はまみぺこさんのブログ『はぁはぁブログ』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
脅威の瞬間コンパクト三脚 Velbon『CUBE』 動画レビュー
アメリカの年収300万円の人が日本の年収1500万円の人より豊かなのはナゼ?
『Google翻訳』の下ネタがひどい件
勇敢に外国メディアの前に躍り出て真実を訴えた僧侶 死亡
携帯大手3社の2011年3月期決算比較 決算の行方はスマートフォン戦略が全てを握る

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。